○国分寺市車両集中管理規程

昭和47年1月11日

訓令第3号

(目的)

第1条 この規程は,市長の管理する庁用自動車,原動機付自転車及び自転車(以下「車両」という。)の適正な管理運行について定め,事務処理の迅速化と車両の効率的な運用を図るとともに,安全運行管理の徹底を図ることを目的とする。

(平成9年訓令第3号・一部改正)

(管理)

第2条 車両は,総務部契約管財課において集中管理する。

2 車両は,次の各号に掲げる区分により管理するものとし,その区分の指定は,総務部長が別に定める。

(1) 専用車

(2) 共用車

(3) 原動機付自転車

(4) 自転車

(5) 特殊車(第1号から前号までに掲げる車両を除く。)

3 専用車及び特殊車の運行管理は,専用する課に属するものとする。

4 専用車の主管課長は,総務部契約管財課長(以下「契約管財課長」という。)から特に運行の依頼があったときは,協力しなければならない。

(昭和51年訓令第19号・平成9年訓令第3号・平成14年訓令第5号・平成18年訓令第11号・平成26年訓令第16号・一部改正)

(使用基準)

第3条 前条第2項第1号及び第2号に掲げる車両の使用基準は,別表に定めるところによる。

(平成9年訓令第3号・平成23年訓令第4号・平成26年訓令第16号・一部改正)

(使用手続)

第4条 共用車を使用しようとする者(以下「運転者」という。)は,グループウェアの施設予約システム(以下「予約システム」という。)で予約し,原則として使用予定日の前日の退庁時2時間前までに契約管財課長に共用車使用申込書兼指示書(様式第1号)を提出しなければならない。

2 運転者は,予約システムで予約できない日及び市長が別に定める車の使用を控える日に共用車を使用しようとするときは,契約管財課長に使用願いを提出しなければならない。この場合において,市長が別に定める車の使用を控える日に予約するときは,明確な理由を記載しなければならない。

3 運転者は,申込みに当たっては,使用内容を過大又は過小に見積り,車両の適正な運行を妨げないように努めなければならない。

4 原動機付自転車を使用しようとする者は原動機付自転車使用簿(様式第2号)に,自転車を使用しようとする者は自転車使用簿(様式第3号)に必要な事項を記入し,使用しなければならない。前項の規定は,この場合に準用する。

(昭和51年訓令第19号・平成9年訓令第3号・平成14年訓令第5号・平成23年訓令第4号・平成26年訓令第16号・一部改正)

(予約の承認)

第5条 契約管財課長は,共用車について前条第1項の予約を受けたときは,使用基準,使用目的,使用時間の適否等を勘案し,予約を承認するときは共用車を配車するものとし,承認しないときは速やかに運転者に連絡しなければならない。

2 前項の承認に当たっては,広報活動その他契約管財課長が必要と認めた業務に支障がないよう配慮するものとする。

3 契約管財課長は,特に必要があると認めるときは,借上車を配車することができる。

(昭和51年訓令第19号・平成9年訓令第3号・平成14年訓令第5号・平成23年訓令第4号・平成26年訓令第16号・一部改正)

(目的の変更等)

第6条 運転者は,共用車の使用目的,使用時間などを変更し,又は予約を取り消そうとするときは,直ちに,契約管財課長に連絡しなければならない。

2 契約管財課長は,運転者から使用変更の連絡を受けた場合は,当日の運行計画を検討し,使用変更が可能と認める場合に限り,運行を指示することができる。

3 配車を受けた共用車及び借上車(以下「共用車等」という。)の使用時間は,原則として,延長することができない。ただし,緊急やむを得ない理由がある場合は,この限りでない。

4 運転者は,前項ただし書により使用時間を延長するときは,契約管財課長に連絡をとり,配車に支障のないようにしなければならない。

5 契約管財課長は,共用車等の配車を指示した後,緊急やむを得ない理由によって配車を変更し,又は取り消すときは,速やかに,配車した運転者に連絡しなければならない。

(昭和51年訓令第19号・平成9年訓令第3号・平成14年訓令第5号・平成23年訓令第4号・平成26年訓令第16号・一部改正)

(安全運転管理者)

第7条 安全運転管理の徹底を図るため,道路交通法(昭和35年法律第105号)第74条の3の規定に基づき安全運転管理者を置く。

2 安全運転管理者は,安全運転に関する十分な管理を行い,運転者を指導監督しなければならない。

(平成9年訓令第3号・平成23年訓令第4号・一部改正)

(点検整備)

第8条 車両の点検整備は,次の各号に掲げる区分により行う。

(1) 仕業点検

(2) 定期検査

(3) 定期車両整備

2 運転者は,毎日始業前に共用車申込書兼指示書又は仕業点検表(様式第4号)により自動車を点検し,その結果を安全運転管理者に報告しなければならない。

3 安全運転管理者は,前項の仕業点検により安全運転を確認することができないときは,その自動車の運行を中止させなければならない。

(昭和51年訓令第19号・平成9年訓令第3号・平成14年訓令第5号・一部改正,平成23年訓令第4号・旧第9条繰上・一部改正)

(運転者の任務)

第9条 運転者は,車両の整備点検に留意し,常に良好に運行できる状態に維持しなければならない。

2 運転者は,車両の運転に当たっては,常に関係法令を遵守し,安全な運行につとめなければならない。

3 運転者は,次の理由が生じたときは,安全運転管理者に報告しなければならない。

(1) 車両運行に自信のない健康状態のとき。

(2) 車両運行に指示された道路状況が安全運転に適さないと思われるとき。

(平成9年訓令第3号・一部改正,平成23年訓令第4号・旧第10条繰上・一部改正)

(運行の規制)

第10条 安全運転管理者又は契約管財課長は,運転者が次の各号のいずれかに該当するときは,車両の使用を禁止し,又は規制することができる。

(1) 運転未熟者

(2) 心身過労のため運転不適格と認められた者

(3) アルコールを保有する状態の者

(4) 交通事故又は交通法規違反を引き起こした者

(5) この規程に定める事項に反した者

(6) その他安全運転管理者の指示に従わない者

2 安全運転管理者又は契約管財課長は,必要と認めるときは,運行範囲を限定して使用させることができる。

(昭和51年訓令第19号・平成9年訓令第3号・平成14年訓令第5号・一部改正,平成23年訓令第4号・旧第11条繰上・一部改正,平成26年訓令第16号・一部改正)

(事故報告)

第11条 運転者は,交通事故が発生し,又は車両に故障を生じた場合は,直ちに,契約管財課長に報告し,指示を受けなければならない。

2 交通事故等が発生した場合は,速やかに,事故報告書(様式第5号)を契約管財課長に提出しなければならない。

(昭和51年訓令第19号・平成9年訓令第3号・平成14年訓令第5号・一部改正,平成23年訓令第4号・旧第12条繰上・一部改正,平成26年訓令第16号・一部改正)

(運転日誌)

第12条 専用車の運転者は,毎日の運行状況を自動車運転日誌(様式第6号)に記載し,契約管財課長に報告しなければならない。

(昭和51年訓令第19号・平成14年訓令第5号・一部改正,平成23年訓令第4号・旧第13条繰上・一部改正,平成26年訓令第16号・一部改正)

(整備台帳)

第13条 契約管財課長は,自動車の整備状況を明らかにしておくために車両整備台帳を作成し,必要な事項を記録しておかなければならない。

(昭和51年訓令第19号・平成14年訓令第5号・一部改正,平成23年訓令第4号・旧第14条繰上・一部改正,平成26年訓令第16号・一部改正)

(罰則)

第14条 運転者の交通関係法令その他法令違反及び事故による罰金科料等は,運転者本人の負担とする。

2 運転者の重大な過失により市に損失を与えた場合は,市は,本人に対して損害金を請求することができる。

(平成9年訓令第3号・一部改正,平成23年訓令第4号・旧第15条繰上)

(雑則)

第15条 この規程に定めるもののほか車両の集中管理について必要な事項は,別に定める。

(平成9年訓令第3号・一部改正,平成23年訓令第4号・旧第16条繰上)

付 則

1 この規程は,昭和47年1月11日から施行する。

2 国分寺市庁用自動車等管理規程(昭和40年規程第7号)は,廃止する。

(平成9年訓令第3号・一部改正)

付 則(昭和51年訓令第19号)

この訓令は,昭和51年6月1日から施行する。

附 則(平成9年訓令第3号)

この訓令は,平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成10年訓令第13号)

この訓令は,公表の日から施行する。

附 則(平成14年訓令第5号)

この訓令は,平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成18年訓令第11号)

この訓令は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成23年訓令第4号)

(施行期日)

1 この訓令は,公表の日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の際,この訓令による改正前の様式で,現に用紙が残存しているものに限り,必要な訂正を加えて,これを使用することができる。

附 則(平成26年訓令第16号)

この訓令は,平成26年4月1日から施行する。

別表 使用基準

(昭和51年訓令第19号・平成9年訓令第3号・平成10年訓令第13号・平成14年訓令第5号・平成18年訓令第11号・平成23年訓令第4号・平成26年訓令第16号・一部改正)

区分

使用範囲

摘要

専用車

市長車

1 市長が使用する場合

2 その他市長が必要と認める場合

2の場合の例

(1) 行政委員会の長又は部長職が使用する場合

(2) 公務で来訪する国,都,他の地方公共団体等の職員を送迎する場合

議長車

1 議長が使用する場合

2 その他議長が必要と認める場合

各課で所有している車両

職員が公務執行上使用する場合で,主管課長が必要と認める場合

共用車

1 複数の職員が同一地域に出張する場合

2 職員が多量の携行器具,物品又は書類等を必要とする業務に使用する場合

3 市の行事又は儀式等に必要とする場合

4 その他職員の公務執行上使用する場合で,契約管財課長が必要と認める場合

 

様式第1号(第4条関係)

(平成23年訓令第4号・全改,平成26年訓令第16号・一部改正)

 略

様式第2号(第4条関係)

(平成23年訓令第4号・全改)

 略

様式第3号(第4条関係)

(平成23年訓令第4号・全改)

 略

様式第4号(第8条関係)

(平成23年訓令第4号・全改)

 略

様式第5号(第11条関係)

(平成23年訓令第4号・全改)

 略

様式第6号(第12条関係)

(平成23年訓令第4号・全改)

 略

国分寺市車両集中管理規程

昭和47年1月11日 訓令第3号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第3編 行政管理/第6章 庁舎・施設管理
沿革情報
昭和47年1月11日 訓令第3号
昭和51年6月1日 訓令第19号
平成9年3月5日 訓令第3号
平成10年6月26日 訓令第13号
平成14年4月1日 訓令第5号
平成18年3月31日 訓令第11号
平成23年3月29日 訓令第4号
平成26年3月31日 訓令第16号