○国分寺市ファクシミリによる文書の送付及び出力文書の取扱いに関する規程

平成5年8月27日

訓令第7号

(趣旨)

第1条 この規程は,ファクシミリを用いて送付することができる文書(以下「送付文書」という。)及びファクシミリにより本市に送付された文書(以下「出力文書」という。)の取扱いについて,国分寺市文書管理規程(平成元年訓令第3号。以下「管理規程」という。)その他文書に関する規程で定めるもののほか,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において「ファクシミリ」とは,電話回線等を利用して遠隔地に文書等を電送し,当該遠隔地において複写として再生するための機械であって,本市が保有し,管理しているものをいう。

(送付文書)

第3条 送付文書は,管理規程第25条(公印)に規定する公印の押印を省略することができる軽易な文書とする。

(平成12年訓令第20号・平成23年訓令第8号・一部改正)

第4条 文書を送付しようとするときは,原則として,ファクシミリ送付記録票に必要な事項を記載するとともに,送付原稿にファクシミリ送り状を添付して入力するものとする。

(出力文書の取扱い)

第5条 出力文書は,あて先,発信者名等の記載があり,かつ,本市の事務に関する文書であるときに限り公文書として取り扱う。ただし,出力文書が感熱紙を用いて出力されたものについては,複写機等を用いて普通紙に複写したものでなければ公文書として取り扱わないものとする。

2 文書が出力されたときは,ファクシミリを管理する課は,当該出力文書の主管課に連絡するものとする。

3 前項の規定により連絡を受けた出力文書の主管課は,速やかに,当該出力文書を受領し,必要に応じ,管理規程第7条(収受)第2項に規定する収受の処理を行うものとする。

(平成9年訓令第3号・平成9年訓令第14号・平成12年訓令20号・平成23年訓令第8号・一部改正)

(送付の禁止等)

第6条 ファクシミリを用いて送付できる文書及び送付を依頼できる文書は,主管課が所掌する事務の範囲内のものとする。

2 前項の規定にかかわらず,国分寺市秘密文書処理規程(平成元年訓令第4号)第2条(秘密文書の範囲)第3項第1号から第4号までに規定する文書は,ファクシミリを用いて送付してはならない。ファクシミリを用いて送付を依頼することも同様とする。ただし,国分寺市出張所設置条例施行規則(平成30年規則第33号)第2条(分掌事務)第1号から第4号まで,第6号及び第9号から第11号までに規定する事務については,この限りでない。

(平成8年訓令第4号・平成10年訓令第18号・平成12年訓令第14号・平成12年訓令第29号・平成13年訓令第9号・平成23年訓令第8号・平成24年訓令第22号・平成30年訓令第13号・一部改正)

附 則

この訓令は,平成5年8月27日から施行する。

附 則(平成8年訓令第4号)

この訓令は,平成8年9月5日から施行する。

附 則(平成9年訓令第3号)

この訓令は,平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成9年訓令第14号)

この訓令は,平成9年10月1日から施行する。

附 則(平成10年訓令第18号)

この訓令は,平成10年10月1日から施行する。

附 則(平成12年訓令第14号)

この訓令は,公表の日から施行する。

附 則(平成12年訓令第20号)

この訓令は,公表の日から施行する。

附 則(平成12年訓令第29号)

この訓令は,公表の日から施行する。

附 則(平成13年訓令第9号)

この訓令は,平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成23年訓令第8号)

(施行期日)

1 この訓令は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年訓令第22号)

(施行期日)

1 この訓令は,平成24年7月9日から施行する。

附 則(平成30年訓令第13号)

(施行期日)

1 この訓令は,平成30年5月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

国分寺市ファクシミリによる文書の送付及び出力文書の取扱いに関する規程

平成5年8月27日 訓令第7号

(平成30年5月1日施行)

体系情報
第3編 行政管理/第5章 文書・公印
沿革情報
平成5年8月27日 訓令第7号
平成8年9月4日 訓令第4号
平成9年3月5日 訓令第3号
平成9年9月30日 訓令第14号
平成10年9月8日 訓令第18号
平成12年5月8日 訓令第14号
平成12年6月23日 訓令第20号
平成12年9月12日 訓令第29号
平成13年3月30日 訓令第9号
平成23年3月31日 訓令第8号
平成24年7月5日 訓令第22号
平成30年4月25日 訓令第13号