○国分寺都市計画事業国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業特別会計条例

平成5年3月31日

条例第9号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第209条(会計の区分)第2項の規定に基づき,国分寺都市計画事業国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業の円滑な運営とその経理の適正を図るため,国分寺都市計画事業国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業特別会計(以下「会計」という。)を設置する。

(平成26年条例第11号・一部改正)

(歳入及び歳出)

第2条 この会計においては,国及び都支出金,一般会計繰入金,地方債,保留床処分金その他諸収入をもってその歳入とし,総務費,事業費,公債費その他諸支出をもってその歳出とする。

附 則

この条例は,平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成26年条例第11号)

(施行期日)

1 この条例は,平成26年4月2日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際,現にこの条例による改正前の国分寺市国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業特別会計条例又は国分寺市国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業臨時基金条例によりなされた処分,手続その他の行為は,この条例による改正後の国分寺都市計画事業国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業特別会計条例又は国分寺都市計画事業国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業臨時基金条例の相当規定によりなされたものとみなす。

国分寺都市計画事業国分寺駅北口地区第一種市街地再開発事業特別会計条例

平成5年3月31日 条例第9号

(平成26年4月2日施行)

体系情報
第5編 務/第1章
沿革情報
平成5年3月31日 条例第9号
平成26年3月27日 条例第11号