○国分寺市立学校設備使用条例施行規則

昭和51年3月25日

教委規則第10号

(趣旨)

第1条 この規則は,国分寺市立学校設備使用条例(昭和28年条例第18号。以下「条例」という。)に基づき,条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(平成9年教委規則第3号・一部改正)

(使用申請)

第2条 学校設備を使用しようとする者は,学校設備使用申請書を第3条第2項に該当する場合は使用設備を管理する学校長(以下「学校長」という。)に,これ以外の場合は教育委員会(以下「委員会」という。)に使用の前7日までに,提出しなければならない。ただし,使用期日の1箇月以前に係るものは提出できない。

(平成9年教委規則第3号・一部改正)

(使用承認)

第3条 学校設備使用の許可は,その行事内容が公共性を有し,かつ,教育上支障がないと認める場合とする。

2 次の各号のいずれかに該当する場合は,学校長において適当と認めるときに,学校設備使用許可証を交付することができるものとし,その学校設備使用許可報告書を委員会に提出する。

(1) 学校関係団体が使用する場合

(2) 社会教育団体が使用する場合

(3) 官公署又はこれに準ずる者が公共のために使用する場合

3 前項のほか,講演会,講習会,表彰式,展覧会,体育及びレクリエーション等で,学校設備を使用するにふさわしい行事である場合は,あらかじめ学校長の意見を聴いて,委員会が学校設備使用許可書を交付する。この場合,学校設備使用許可決定通知書を学校長に送付する。

4 次の各号のいずれかに該当する場合は,原則として,許可しない。ただし,教育長が適当と認める場合は,前項の使用承認の手続により許可する。

(1) 特定の政党及びこれに属する団体の諸行事

(2) 宗教関係団体の諸行事

(3) 私人及び団体の営業,宣伝に関するもの。

(4) 特別の施設,工作を施し,又は搬入するような行事

(5) 遊宴の場とする諸行事

(平成9年教委規則第3号・一部改正)

(使用料の減免)

第4条 条例第6条ただし書の規定により使用料の減免を受けようとする者は,学校設備使用料減免申請書を委員会に提出しなければならない。この申請期間は,第2条に準ずる。

(平成9年教委規則第3号・一部改正)

(減免の承認)

第5条 委員会は,前条の規定による申請を受けたときは,速やかに,審査のうえ,その結果を申請者に通知する。

(平成9年教委規則第3号・一部改正)

(禁止行為)

第6条 使用者は,次の行為をしてはならない。

(1) 使用許可以外の場所に立ち入ること。

(2) 定められた場所以外で火気を使用すること。

(3) 無断で設備の模様替えその他現状を変更すること。

(平成9年教委規則第3号・一部改正)

(許可証の提示)

第7条 使用者は,学校設備使用の当日学校設備使用許可証を管理人に提示し,その指示に従わなければならない。

(平成9年教委規則第3号・一部改正)

(設備使用の調整)

第8条 学校長は,毎月月末までに,翌月中の学校行事を把握し,許可事務が円滑に行われるよう調整に努めなければならない。

(平成9年教委規則第3号・一部改正)

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

付 則

1 この規則は,昭和51年4月1日から施行する。

2 この規則施行の際,既に許可されたものは,この規則によって許可されたものとみなす。

(平成9年教委規則第3号・一部改正)

附 則(平成9年教委規則第3号)

この規則は,平成9年4月1日から施行する。

国分寺市立学校設備使用条例施行規則

昭和51年3月25日 教育委員会規則第10号

(平成9年3月31日施行)

体系情報
第11編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和51年3月25日 教育委員会規則第10号
平成9年3月31日 教育委員会規則第3号