○国分寺市立公民館処務規則

昭和42年4月13日

教委規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は,国分寺市立公民館設置及び管理に関する条例(昭和40年条例第37号)の規定により,国分寺市立公民館(以下「公民館」という。)事務の処理に関し,必要な事項を定めるものとする。

(平成9年教委規則第3号・平成12年教委規則第15号・一部改正)

(組織)

第2条 公民館に事業係を置く。

(平成9年教委規則第8号・全改)

(職員及び職責)

第3条 公民館に,必要に応じ,副館長を置く。副館長は,館長の命を受け,公民館の事務をつかさどり,所属の職員を指揮監督する。

2 係には係長を置き,係長は,上司の命を受け,分担事務を掌理する。

3 前項以外の職員は,上司の命を受け,係の事務を処理する。

(昭和45年教委規則第5号・平成9年教委規則第3号・一部改正)

(分掌事務)

第4条 事業係の分掌事務は,次のとおりとする。

(1) 公民館運営審議会に関すること。

(2) 公印の管理に関すること。

(3) 文書の収受,発送及び保存に関すること。

(4) 公民館施設等の管理に関すること。

(5) 公民館の備品管理に関すること。

(6) 公民館の使用許可及び使用料に関すること。

(7) 公民館保育室に関すること。

(8) 公民館の予算及び経理に関すること。

(9) 公民館事業の実施に関すること。

(10) グループ,サークル等との連絡及び援助に関すること。

(11) 企画,調査,研究,研修及び広報に関すること。

(12) その他公民館に関すること。

(平成9年教委規則第8号・全改,平成16年教委規則第7号・一部改正)

(代行)

第5条 館長不在のときは,副館長又はあらかじめ館長が指定した職員がその事務を代行する。

2 前項により代行した事項は,速やかに,館長に報告し,又は関係文書を閲覧に供し,承認を得なければならない。

(昭和45年教委規則第5号・平成9年教委規則第3号・一部改正)

(文書の取扱い及び職員の服務)

第6条 文書の取扱いについては,国分寺市教育委員会事務局処務規則(昭和34年教委規則第1号)の例による。

2 職員の服務に関する事項は,教育委員会事務局の例による。ただし,勤務時間の割振りについては,原則として,別表に定めるとおりとする。

(平成13年教委規則第10号・全改,平成15年教委規則第14号・一部改正)

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,教育委員会が定める。

(平成9年教委規則第3号・一部改正,平成12年教委規則第15号・旧第6条操下)

付 則

この規則は,公布の日から施行する。

付 則(昭和45年教委規則第5号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成9年教委規則第3号)

この規則は,平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成9年教委規則第8号)

この規則は,平成9年10月1日から施行する。

附 則(平成12年教委規則第15号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成13年教委規則第10号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成15年教委規則第14号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成16年教委規則第7号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成21年教委規則第11号)

この規則は,平成22年1月1日から施行する。

別表(第6条関係)

(平成13年教委規則第10号・追加,平成21年教委規則第11号・一部改正)

区分

正規の勤務時間の割振り

休憩時間

週休日

普通勤務の場合

月曜日から金曜日まで

(1) 午前8時30分から午後5時15分まで

正午から午後1時まで

日曜日及び土曜日

昼休み窓口勤務の場合(本多公民館)

月曜日から金曜日まで

(2) 昼休みの窓口業務に従事する日 午前8時30分から午後5時15分まで

午後1時から午後2時までとする。ただし,これにより難い場合は,午前11時から正午までとする。

 

国分寺市立公民館処務規則

昭和42年4月13日 教育委員会規則第4号

(平成22年1月1日施行)

体系情報
第11編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和42年4月13日 教育委員会規則第4号
昭和45年9月30日 教育委員会規則第5号
平成9年3月31日 教育委員会規則第3号
平成9年9月30日 教育委員会規則第8号
平成12年6月22日 教育委員会規則第15号
平成13年10月3日 教育委員会規則第10号
平成15年12月26日 教育委員会規則第14号
平成16年7月23日 教育委員会規則第7号
平成21年12月24日 教育委員会規則第11号