○国内先進都市視察研修に関する要綱

平成元年4月1日

要綱第3号

(目的)

第1 この要綱は,職員を先進都市に視察派遣し,先進都市における行政運営の実態その他必要な事項について調査研究し,職員の見聞を広めるとともに市行政に対する意識の変革を促進し,もって行政の高度かつ効率的な運営に資することを目的とする。

(対象職員)

第2 国分寺市職員のうち,職員課があらかじめ指定した研修を修了した職員で市長が認めたものとする。

(派遣職員の決定)

第3 派遣職員は,所属部課長が国内先進都市視察研修派遣推薦書(様式第1号)により推薦し,毎年度の予算に定める範囲内で市長が決定し,研修命令を発する。

2 派遣職員は,市政の課題及び先進都市における視察重点事項を国内先進都市視察研修計画書(様式第2号)にまとめ,所属部課長を通じて,市長に提出しなければならない。

(研修報告書の提出)

第4 この視察研修を受けた職員は,帰庁後10日以内に国内先進都市視察研修報告書(様式第3号)を所属部課長を通じて,市長に提出しなければならない。

(委任)

第5 この要綱に定めるもののほかこの要綱の施行に関し必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この要綱は,平成元年4月1日から施行する。

国内先進都市視察研修に関する要綱

平成元年4月1日 要綱第3号

(平成元年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第2章 人事・給与
沿革情報
平成元年4月1日 要綱第3号