○国分寺市妊産婦・乳幼児保健指導実施要綱

平成11年11月1日

要綱第9号

(趣旨)

第1条 この要綱は,経済的理由により医師等から保健指導を受けることが困難な妊産婦及び乳幼児が,必要な保健指導を得て,保健管理の向上が図れるようにするため,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱における用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

(1) 妊産婦 妊娠中又は出産後1年以内の女子

(2) 乳幼児 1歳に満たない乳児及び満1歳から小学校就学の始期に達するまでの幼児

(対象者)

第3条 保健指導の対象者は,国分寺市内に居住し,次の各号に掲げる世帯に属する妊産婦又は乳幼児とする。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯(単給世帯を含む。)

(2) 市民税非課税の世帯

(事業の委託)

第4条 保健指導は,児童福祉施設最低基準(昭和23年12月29日厚生省令第63号)第15条第2項に規定する第1種助産施設,社団法人東京都医師会(昭和22年12月8日に社団法人東京都医師会という名称で設立された法人をいう。)及び東京都に所在する市長が必要と認める医療機関に委託して実施するものとする。

(保健指導の内容)

第5条 保健指導の内容は,次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 一般保健指導 診察,血圧測定,梅毒血清反応検査,尿検及び事後指導

(2) 歯科保健指導 診察,普通健診,精密健診(歯科用レントゲン)及び予防措置

2 市長は,前項に定めるもののほか,療養の指導,疾病の予防その他健康増進に必要な保健上の指導をすることができる。

(受診方法)

第6条 保健指導を受けようとする妊産婦又は乳幼児の保護者(以下「申請者」という。)は,市長に対し,保健指導票交付申請書を提出するものとする。

2 市長は,前項に規定する申請があったときは,第3条各号のいずれかに該当することを確認し,当該申請者に対し保健指導票を交付するとともに,当該申請者を保健指導票交付台帳に登録するものとする。

3 申請者は,保健指導を受けるときは,保健指導を行う医療機関等に保健指導票を持参するものとする。

(保健指導の周知)

第7条 市長は,妊産婦及び乳幼児に対する保健指導について,市報等により積極的に市民に周知するものとする。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は,平成11年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱施行の際,現にこの要綱による改正前の保健指導実施要綱に基づき交付された保健指導票は,この要綱の相当規定により交付されたものとみなす。

附 則

この要綱は,平成20年12月1日から施行する。

国分寺市妊産婦・乳幼児保健指導実施要綱

平成11年11月1日 要綱第9号

(平成20年12月1日施行)

体系情報
要綱集/第5章 社会福祉
沿革情報
平成11年11月1日 要綱第9号
平成20年11月27日 種別なし