○国分寺市環境マネジメントシステム運用規程

平成18年3月31日

訓令第12号

(趣旨)

第1条 この規程は,国分寺市(以下「市」という。)における環境マネジメントの適切な運用について,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において「環境マネジメントシステム」とは,次条第1項の環境管理統括者が定める環境方針及び第6条に規定する環境プログラムに基づき,市の事業活動の展開に対して,市の事務及び事業による環境への配慮を推進するための行動をP1an(計画)・Do(実施及び運用)・Check(点検及び是正)・Action(見直し)の手順により,継続的に取り組み,改善するシステムをいう。

2 この規程において「課等」とは,次に掲げるものをいう。

(3) 国分寺市選挙管理委員会事務局規程(昭和41年選管告示第5号)により設置された選挙管理委員会事務局

(4) 国分寺市監査委員に関する条例(昭和40年条例第24号)により設置された監査委員事務局

3 この規程において「国分寺市地球温暖化防止行動計画」(平成18年3月策定)とは,「地球温暖化対策の推進に関する法律」(平成10年法律第117号)に基づき策定されたものをいう。

4 この規程において「国分寺市環境基本計画実施計画」(平成18年6月策定)とは,「国分寺市環境基本計画」(平成16年3月策定)に基づき策定されたものをいう。

5 この規程において「国分寺市グリーン購入」とは,「国分寺市グリーン購入基本方針」(平成18年10月策定)に基づき実施される環境物品の購入に関するものをいう。

(平成18年訓令第36号・平成20年訓令第1号・平成26年訓令第16号・一部改正)

(環境管理統括者及び環境管理統括責任者)

第3条 市長は,環境マネジメントシステムの管理運営に関する環境管理統括者(以下「統括者」という。)として,環境方針及び環境プログラムを定めるとともに,環境マネジメントシステム総括評価を行い,総合的に推進するものとする。

2 環境マネジメントシステムを適切に管理するため,環境管理統括責任者(以下「統括責任者」という。)を置き,まちづくり部長の職にある者をもって充てる。

3 統括責任者は,市における環境マネジメントシステムの管理及び運営に関する事務を統括する。

(平成19年訓令第26号・平成20年訓令第1号・平成21年訓令第10号・平成29年訓令第10号・一部改正)

(環境管理総責任者及び環境管理責任者)

第4条 課等間の事務事業の環境マネジメントシステムの調整を行うため,環境管理総責任者(以下「総責任者」という。)を置き,部長及び担当部長の職にある者をもって充てる。

2 課等における環境マネジメントシステムの確立,運用及び維持を適切に行う環境管理責任者(以下「責任者」という。)を置き,当該課等の長の職にある者をもって充てる。

(平成26年訓令第16号・一部改正)

(環境管理推進員)

第5条 課等に環境管理推進員(以下「推進員」という。)を置き,当該課等の庶務担当係長の職にある者をもって充てる。

2 推進員は,責任者の指示を受け,責任者を補佐するとともに,環境マネジメントシステムの確立,運用及び維持に必要な業務を処理する。

(環境プログラムの策定)

第6条 統括者は,環境方針並びに国分寺市地球温暖化防止行動計画,国分寺市環境基本計画実施計画及び国分寺市グリーン購入のそれぞれの目標及び方針に基づき,環境プログラムを策定するものとする。

2 統括責任者は,統括者が承認した環境プログラムを公表しなければならない。

(平成20年訓令第1号・全改)

(プログラムの実施)

第7条 責任者は,前条の規定により統括者の承認を受けた環境プログラムを実施しなければならない。

(平成20年訓令第1号・一部改正)

(環境プログラムの点検)

第8条 責任者は,統括責任者の指示により環境プログラムの状況を点検し,その結果(以下「実施状況」という。)を総責任者の承認を経て,統括責任者に通知しなければならない。ただし,第2条第2項第3号及び第4号に規定する課等の責任者は,統括責任者に直接通知するものとする。

2 統括責任者は,前項の規定により通知を受けた実施状況を取りまとめて確認し,統括者に通知しなければならない。

3 統括者は,統括責任者から受けた実施状況を確認し,第10条に定める報告を得て承認するか否かを決定するものとする。

4 統括責任者は,統括者が承認した実施状況を公表しなければならない。

(平成20年訓令第1号・平成26年訓令第16号・一部改正)

(環境プログラムの見直し)

第9条 統括者は,実施状況に基づき,環境プログラムを見直さなければならない。

(平成20年訓令第1号・全改)

(評価点検)

第10条 環境プログラムに基づき実施された各施策の評価点検は,次に掲げるとおりとする。

(1) 国分寺市地球温暖化防止行動計画は,統括管理者が取りまとめて点検を行ない,その結果について統括者に報告する。

(2) 国分寺市環境基本計画実施計画は,環境基本条例(平成16年条例第21号)第27条に基づき,国分寺市環境推進管理委員会において評価点検を行い,その結果を統括者に報告する。

(3) 国分寺市グリーン購入は国分寺市グリーン購入ガイドライン検討委員会設置規程(平成18年訓令第23号)に基づき,検討委員会において評価点検し,統括者に報告する。

(平成20年訓令第1号・全改)

(環境マネジメントシステムへの参加)

第11条 市長は,課等以外の市の機関が環境マネジメントに参加することを妨げないものとする。この場合において,環境マネジメントへの当該機関の参加の方法については,市長と当該機関との協議の上,別に定める。

(庶務)

第12条 環境マネジメントシステムの庶務は,まちづくり部まちづくり計画課において処理する。

(平成29年訓令第10号・一部改正)

(委任)

第13条 この規程に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

附 則

この訓令は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年訓令第36号)

この訓令は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年訓令第26号)

この訓令は,公表の日から施行する。

附 則(平成20年訓令第1号)

この訓令は,平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年訓令第10号)

この訓令は,平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成26年訓令第16号)

この訓令は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成29年訓令第10号)

この訓令は,平成29年4月1日から施行する。

国分寺市環境マネジメントシステム運用規程

平成18年3月31日 訓令第12号

(平成29年4月1日施行)