○国分寺市立中学校給食の実施に関する事務取扱要綱

平成19年7月27日

要綱第16―2号

(趣旨)

第1条 この要綱は,国分寺市立中学校給食の実施に関する規則(平成19年教委規則第11号。以下「規則」という。)第13条(委任)に基づき,中学校給食の実施に関する事務取扱に必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱による用語の意義は,規則の例による。

(実施日)

第3条 規則第5条に規定する実施日は,各中学校から提出される年間給食実施予定表(様式第1号)をもとに教育委員会が決定するものとする。

(申込み)

第4条 規則第7条の規定により外注給食希望保護者等は,次に掲げる期限までに給食申込書を各中学校に提出するものとする。ただし,転入等の理由により期限までに申込みが出来ない場合又は2学期若しくは3学期の申込みにおいてその前学期と申込内容に変更がない場合は,この限りでない。

(1) 第1学期 2月10日まで

(2) 第2学期 6月20日まで

(3) 第3学期 10月20日まで

2 外注給食を希望する教職員のうち,毎日の勤務がない非常勤等の教職員は,教職員給食注文票(様式第2号)に給食申込書を添えて,前項に規定する各学期の申込み期限までに各中学校に提出するものとする。

(ミルク給食)

第5条 ミルク給食は,原則として申込みを必要としない。

2 ミルク給食は,それぞれの学期の給食実施日の初日から開始する。ただし,アレルギー等の理由により,ミルク給食を辞退する場合は,ミルク給食辞退届(様式第3号)を学校に提出するものとする。

(外注給食等の開始)

第6条 第4条第1項に規定する期限までに給食申込書を提出した場合は,それぞれの学期の給食実施日の初日より外注給食を開始するものとする。

2 転入等の理由により給食実施月の途中で外注給食を申し込んだ場合は,外注給食の申込みをした日から起算して4日後(給食実施日でない日を除く。以下同じ。)から開始し,また,併せてミルク給食も同様とする。

3 転入等の理由により給食実施月の途中でミルク給食のみを希望する場合は,希望した日から起算して4日後から開始する。

(給食費の納付)

第7条 規則第9条第1項の規定により,外注給食希望保護者等又はミルク給食のみの保護者等は,教育委員会が指定する日までに口座振替により給食費を納めるものとする。

2 第4条第3項の規定により,転入等の理由により外注給食の申込みを行った外注給食希望保護者等は,給食開始日からの当月分の給食費を翌月分に加算した金額を口座振替により納めるものとする。

3 第5条第3項の規定により,転入等の理由によりミルク給食のみを希望する場合は,当該学期分の給食費を口座振替により納めるものとする。

(給食費)

第8条 規則第8条に規定する外注給食の一食当たりの単価とは,食材の価格に消費税を加算したものとする。

(給食取消届の提出)

第9条 規則第10条の規定により,保護者等は,転出,入院等の理由により給食を必要としなくなった場合は,給食取消届を各中学校に速やかに提出するものとする。

(給食停止届の提出)

第10条 規則第10条の規定により,保護者等は,給食実施月の途中で入院等の理由により長期にわたり給食を必要としなくなった場合は,給食停止届を速やかに学校に提出するものとする。ただし,私事,病気等で短期間(休業日を含めない連続する3日以内をいう。以下同じ。)の欠席により,給食を必要としない場合はこの限りではない。

(給食再開届の提出)

第11条 規則第11条の規定により給食の再開を希望する保護者等は,給食再開届を速やかに各中学校に提出するものとする。

(返還)

第12条 規則第12条の規定により給食費の返還を行う場合は,給食取消届・給食停止届のそれぞれの届出の日から起算して4日目分から返還する。ただし,給食を取消し,又は停止する日の4日以上前に申出があった場合は,すべての給食費を返還するものとする。

2 転出又は入院等の理由以外で,当月分の給食の停止の申出があった場合は,納付済の給食費は返還しないものとする。

3 私事,病気等で短期間の欠席の場合は,給食費の返還は行わないものとする。

4 学級閉鎖,災害等により給食を停止した場合は,給食停止決定・再開届の届出の日から起算して4日目分から返還する。ただし,ミルク給食については,この限りではない。

(返還の手続)

第13条 前条の規定により,給食費の返還を受ける場合,保護者等は,給食費返還依頼書兼請求書・口座振込依頼書(様式第4号)を給食取消届又は給食停止届と併せて学校に提出するものとする。ただし,前条第4項の場合については,この限りではない。

(学校での事務手続)

第14条 学校における事務手続きについては,次の各号に定めるところによる。

(1) 学校は,学年毎に毎月の給食実施日・給食実施回数・給食費月額(1回当たり給食費×給食実施回数/月)を記載した年間給食実施予定表(様式第1号)を作成し,3月25日(25日が休日の場合はその前日)までに教育委員会に送付するものとする。なお,内容に変更があった場合は,速やかに教育委員会に連絡するものとする。

(2) 学校は,教育委員会から送付された給食申込書を学期が始まる前までに在校生徒数分印刷し,配布するものとする。

(3) 学校は,申込期限までに保護者等からの申込みのあった給食申込書を速やかに,教育委員会に提出するものとする。

(4) 学校は,教育委員会から給食実施月の前月10日(10日が休日の場合その前日)までに送付された献立カレンダーを在校生徒数分印刷し,前月の20日(20日が土曜日,日曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは,その前日。以下同じ。)までに在校生徒に配布するものとする。なお,給食申込書の配布,回収については個人情報保護により,封筒による受け渡しを行うものとする。

(5) 学校は,学期ごとに給食申込書を集計し,給食予定表(様式第5号)を作成して委託業者,教育委員会(教育委員会分は写しで可)に速やかに送付する。また,給食実施月の前月に,月ごとの給食申込書を集計し,給食注文票(様式第6号)を作成して委託業者,教育委員会(教育委員会分は写しで可)に20日までに送付する。

(6) 学校は,委託業者及び牛乳供給業者から給食が納入された日ごとに,給食納入数報告書(様式第7号)に数量を記録し,給食実施月の翌月の5日(5日が土曜日,日曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは,その前日。以下同じ。)までに教育委員会に提出する。

(7) 学校は,給食取消届,給食停止届及び給食費返金依頼書を給食実施月の翌月の5日(5日が休日の場合はその前日)までにまとめて教育委員会に提出する。

(8) 学校は,学級閉鎖,災害等により給食停止の決定をした場合は,給食停止決定・再開届(様式第8号)を速やかに教育委員会に提出するとともに,同日中に給食注文数変更依頼書(様式第9号)を委託業者に提出するものとする。また,給食を再開した場合についても同様の扱いとする。

(委任)

第15条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は,教育長決裁の日から施行する。

(経過措置)

2 規則第8条別表における給食費を基本に徴収するが,平成19年度において市立第五中学校は,すでにミルク給食を一年分納付しているため,生徒の保護者及び教職員から徴収する給食費は下記のとおりとする。

給食の種類

一食当たりの単価

完全給食

252円

ミルク給食

2円

附 則

この要綱は,教育長決裁の日から施行する。

附 則

この要綱は,教育長決裁の日から施行する。

附 則

この要綱は,平成22年4月1日から施行する。

様式 略

国分寺市立中学校給食の実施に関する事務取扱要綱

平成19年7月27日 要綱第16号の2

(平成22年4月1日施行)