○国分寺市立学校特別支援教育支援員設置要綱

平成20年7月22日

要綱第18号

(設置)

第1条 通常の学級に在籍する特別な支援を必要とする児童・生徒に対し,校内に設置のサポート教室において,個別指導等を行う特別支援教育支援員(以下「支援員」という。)を市立小中学校に設置する。

(任務)

第2条 支援員の任務は,次に掲げる事項とする。

(1) 特別な支援を必要とする児童・生徒への個別指導等

(2) 学校長に対する児童・生徒への個別指導状況報告

(3) 前2号に定めるもののほか,学校長及び教育委員会が必要と認める事項

(委嘱)

第3条 支援員は,次の各号のいずれにも該当する者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 小学校若しくは中学校の教員免許状を有する者であること。

(2) 支援員の役割を理解し,その活動を遂行する熱意を有する者であること。

(任期)

第4条 支援員の任期は,委嘱の日から1年とし,再任は妨げない。ただし,委員が欠けた場合における補欠委員の任期は,前任者の残任期間とする。

(活動日及び活動時間等)

第5条 支援員の活動時間等は,教育委員会が定めるものとし,原則1日8時間とする。

2 支援員は,1人につき複数の小中学校の支援員を兼ねることができる。

3 支援員の活動日及び活動時間は,配置された小中学校の校長が定める。ただし,原則として,休業日を活動日として定めることはできない。

4 活動時間は,原則,午前8時15分から午後5時15分とする。ただし,学校長は,午前8時から午後6時までの時間帯において,活動時間を別に定めることができる。

(退嘱)

第6条 支援員は,教育委員会に申し出ることにより,任期中に退嘱することができる。

(解嘱)

第7条 教育委員会は,支援員から辞職の申出があったとき又は支援員が心身の故障のため職務の遂行に堪えないと認めるとき若しくは職務上の義務違反その他支援員としてふさわしくない行為があると認めるときは,委嘱を解くことができる。

(服務)

第8条 支援員は,職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も,同様とする。

(謝礼)

第9条 支援員に対して,予算の範囲内で謝礼を支払うものとする。

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,教育長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は,教育長決裁から施行し,平成20年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この要綱の施行後,最初に任命し,又は委嘱する委員の任期は,第4条の規定にかかわらず,平成21年3月31日までとする。

附 則

この要綱は,平成29年4月1日から施行する。

国分寺市立学校特別支援教育支援員設置要綱

平成20年7月22日 要綱第18号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
要綱集/第9章 教育委員会
沿革情報
平成20年7月22日 要綱第18号
平成29年2月7日 種別なし