○国分寺市適応指導教室設置要綱

平成22年3月26日

要綱第5―2号

(設置)

第1条 国分寺市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は,心理的理由等によって登校できない状態にある児童及び生徒(以下「不登校児童及び生徒」という。)に対して,適切な指導及び援助等を行い,不登校児童及び生徒の在籍校への復帰を支援するため,適応指導教室(以下「教室」という。)を設置する。

(名称)

第2条 教室の名称及び位置は,次のとおりとする。

(1) 名称 国分寺市適応指導教室トライルーム

(2) 位置 国分寺市光町一丁目46番地8

(事業)

第3条 教室は,小学校及び中学校(以下「学校」という。)並びに国分寺市教育相談室と連携し,次に掲げる事業を行う。

(1) 基本的な学習及び生活習慣の習得に関すること。

(2) 学習の遅れ,つまずき等の解消に関すること。

(3) 在籍校復帰への支援及び指導に関すること。

(4) その他教育長が必要と認める事項に関すること。

(体制)

第4条 前条の事業を行うために,教室に管理責任者及び指導員を置く。

2 管理責任者は,教育部学校指導課長をもって充てる。

3 管理責任者は,前条の事業が円滑に実施できるよう教室を統括する。

4 指導員は,管理責任者の指示のもと,前条に掲げる業務に従事する。

(指導員)

第5条 指導員は,次に掲げる者が行うものとする。

(1) 東京都が採用する者

(2) 小学校教諭,中学校教諭又は養護教諭の免許状を有する者であって教育委員会が任用するもの

2 前項第2号に規定する指導員の勤務時間,賃金等については,国分寺市教育委員会臨時職員の任用に関する規程(平成11年教委訓令第3号)の定めるところによる。

(対象者)

第6条 教室に入室できる者は,学校に在籍している不登校児童及び生徒とする。

(体験入室)

第7条 教室に体験入室を希望する不登校児童及び生徒の保護者は,適応指導教室体験入室申込書(様式第1号)により,当該不登校児童及び生徒の在籍する学校の校長に申し込むものとする。

(入室の申込み等)

第8条 教室に入室を希望する不登校児童及び生徒の保護者(以下「申請者」という。)は,適応指導教室入室申込書(様式第2号)により,当該不登校児童及び生徒の在籍する学校を通じて,教育委員会に申し込むものとする。

2 教育委員会は,前項の規定による申込みを受けたときは,管理責任者,統括指導主事,指導主事,指導員,学校関係者及び教育相談員と入室に関する協議を行い,その結果を適応指導教室入室決定通知書(様式第3号)により,学校を通じて申請者に通知する。

3 教育委員会は,前項の規定により入室することとなった者(以下「入室児童及び生徒」という。)の学校での状況を確認するため,適応指導教室入室児童及び生徒の状況報告書(様式第4号)の提出を,当該入室児童及び生徒が在籍する学校の校長に求めるものとする。

(退室の手続)

第9条 教育委員会は,入室児童及び生徒が次の各号のいずれかに該当するときは,教室を退出させるものとする。

(1) 入室児童及び生徒の保護者が適応指導教室退室申出書(様式第5号)により教育委員会に退室の申し出をしたとき。

(2) 入室児童及び生徒が卒業又は転出したとき。

(3) 管理責任者が入室児童及び生徒の出席不良等により,通室の継続が困難と判断したとき。

2 教育委員会は,前項第1号の事由により退出させるときは当該入室児童及び生徒の在籍する学校の校長に,前項第3号の事由により退出させるときは当該入室児童及び生徒の保護者に適応指導教室退室通知書(様式第6号)により通知するものとする。

(開室時間)

第10条 教室の開室時間は,午前9時30分から午後3時30分までとする。ただし,教育委員会が必要と認めるときは,これを変更することができる。

(休室日)

第11条 教室の休室日は,次のとおりとする。ただし,教育委員会が特に必要と認めるときは,これを変更することができる。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 学校の春季,夏季及び冬季休業日

(3) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(委任)

第12条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

附 則

この要綱は,教育長決裁の日から施行し,平成21年4月1日から適用する。

附 則

この要綱は,平成24年4月1日から施行する。

様式 略

国分寺市適応指導教室設置要綱

平成22年3月26日 要綱第5号の2

(平成24年4月1日施行)