• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > 保険・年金・税金 > 住民税 > 税源移譲により住民税と所得税の税率はどのように変わったのですか。


ここから本文です。

住民税 よくある質問

ページ番号 1005447  更新日  平成26年10月4日

質問税源移譲により住民税と所得税の税率はどのように変わったのですか。

回答

平成19年の国から地方への税源移譲によって、所得税と住民税の年間の負担額の合計は変わりませんが、税率は下記のように変わりました。
住民税
 税源移譲前は、所得割の税率が課税所得に応じて3段階に分かれていましたが、税源移譲後は、一律10%になり、最低税率が5%から10%へ、最高税率が13%から10%へ変わりました(分離課税所得を除きます)。
所得税
 税源移譲前は、税率が4段階に分かれていましたが、税源移譲後は税率が6段階に分かれ、最低税率が10%から5%へ、最高税率が37%から40%へ変わりました(分離課税所得を除きます)。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

総務部 課税課 住民税係
電話番号:042-325-0111(内線:327) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。