• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > 広報 > プレスリリース > 文化講座 もっと知りたいシリーズ7 縄文文化の芸術とその魅力 岡本太郎が見た国分寺市の縄文土器から


ここから本文です。

文化講座 もっと知りたいシリーズ7 縄文文化の芸術とその魅力 岡本太郎が見た国分寺市の縄文土器から

ページ番号 1019765  更新日  平成30年12月11日

岡本太郎写真
写真提供:岡本太郎記念館

 毎年、市文化振興市民会議の企画協力により、市民に文化に触れてもらうための文化講座を実施しています。今年度は石井匠さん(岡本太郎記念館客員研究員)を講師にお招きして実施します。
 今夏、東京国立博物館で「縄文-1万年の美の鼓動」が開催され話題を呼びました。約70年前、岡本太郎も同博物館で縄文土器に出会いました。その数年後、市内で出土した土器を撮影するため国分寺市を訪れます。岡本太郎の目線に立ち、市内出土の土器を手掛かりに、5千年前の縄文芸術の魅力に迫ります。

石井匠さんの写真
石井匠さん

【講師紹介】
 芸術考古学専門。映画「縄文にハマる人々」をはじめさまざまなメディアに出演し、岡本太郎や縄文文化の魅力を普及。著書に「謎解き太陽の塔」、「縄文土器の文様構造」。

日時

平成31年2月2日(土曜日)午後6時30分~(開場=6時~)

会場
リオンホール(cocobunji WEST5階)
対象
どなたでも
定員
230人
費用
無料

申込方法

12月16日(日曜日)~平成31年1月23日(水曜日)に縄文文化の芸術とその魅力参加希望、参加者

全員の住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号、代表者の返信宛名を明記し、往復はがきまたは

メールbunkashinkou@city.kokubunji.tokyo.jpで〒185-0012本町3-1-1cocobunji WEST

5階文化振興課へ(注釈)先着順。1つの申し込みで2人まで応募可

同時開催 市内で出土した縄文土器の一部や触れる土器を展示

日時 

2月2日(土曜日)午前10時~午後10時
会場
cocobunjiプラザセミナールーム(cocobunji WEST5階)

問い合わせ

市民生活部文化振興課 電話番号:042-313-8182

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

政策部 市政戦略室 広報担当
電話番号:042-325-0111(内線:410) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。