• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 健康 > 医療費助成 > 大気汚染医療費助成制度


ここから本文です。

大気汚染医療費助成制度

ページ番号 1001982  更新日  平成29年7月13日

 東京都では、気管支ぜん息・慢性気管支炎・ぜん息性気管支炎・肺気しゅの4疾患について、一定要件を満たす方を対象に医療費の一部助成を実施しています。

  • 医療費助成を受けるには、申請が必要です。申請に要する文書作成料などは、自己負担となります。また、要件を満たしていない場合、申請しても認定されないことがあります。

制度概要

● 18歳以上の方(下記対象者1.に該当しない方)の新規申請の受付は、平成27年3月31日で終了しました。

対象者  (平成27年4月1日から、新規申請の対象年齢が「全年齢」から「18歳未満」に変更されました)

 次の1から5の全てに該当する方

  1. 18歳未満(18歳の誕生日が属する月の末日までの間にある方を含む)
  2. 次のいずれかの疾病にかかっていること
    • 気管支ぜん息
    • 慢性気管支炎
    • ぜん息性気管支炎
    • 肺気しゅ
  3. 東京都内に引き続き1年(3歳未満は6か月)以上住民登録があること
  4. 申請日以降喫煙しないこと
  5. 健康保険などに加入していること

● 生年月日が平成9年4月1日以前の方で、現在認定を受けて医療券をお持ちの方は、有効期間満了後も更新することができます。ただし、有効期限切れで一度受給資格を失うと新規申請はできませんので、現在お持ちの医療券の有効期間満了が近づきましたら、期間内に更新申請をしてください。

● 平成30年4月から,18歳以上の方は一部自己負担が生じます。

 平成30年4月1日以降の診療分から,18歳以上の方(平成9年4月1日以前に生まれた方)の認定された疾病に対する保険診療の窓口支払い額のうち,6,000円/月までが自己負担となります。東京都から郵送する平成30年4月1日以降の有効期間の医療券と同封する通知をご覧ください。制度の詳細が分かり次第,このホームページでもご案内いたします。

申請の種類

  • 新規申請
  • 更新申請
  • 変更の届け出(患者の住所・氏名変更、健康保険証の変更)
  • 再交付申請(医療券を汚損・紛失した場合)

助成の内容

 申請に基づく審査で認定された方へ、東京都から医療券を交付します。医療券の有効期間内に、医療券に記載された疾病の治療に要した医療費のうち、健康保険適用後の自己負担額(保険薬局での調剤、訪問看護を含む)を助成します。
 以下の費用については、助成の対象となりません。

  • 医療券に記載されていない疾病の医療費
  • 入院時の食事療養標準負担額または入院時の生活療養標準負担額
  • 健康保険が適用されない医療費(差額ベッド代、個室料など)
  • 吸入器購入費用、レンタル料
  • 「主治医診療報告書」の作成費用(文書作成料)および検査費用

申請書類配布・受付窓口

 健康推進課(いずみプラザ内) 受付日時 平日午前8時30分~午後5時

  ● 市役所第2庁舎の健康推進課窓口では書類配布・受付はできません。

制度に関する問い合わせ先

 東京都福祉保健局環境保健衛生課  電話番号03-5320-4491

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 健康推進課 健康推進担当
電話番号:042-321-1801 ファクス番号:042-320-1181
〒185-0024  国分寺市泉町2-3-8 いずみプラザ1階
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。