• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 子育て・若者支援 > 保育サービス > 認証保育所等保護者助成金


ここから本文です。

認証保育所等保護者助成金

ページ番号 1001143  更新日  令和2年8月24日

認証保育所等に通っているかたへの助成金について

 認証保育所等へ入園している児童の保護者に対し、保育料の一部を助成する補助金があります。

 幼児教育・保育無償化開始に伴う制度の変更について(重要)

 令和元年10月から幼児教育・保育無償化(以下、「無償化」といいます。)の開始に伴い、助成内容の一部変更になります。無償化の給付を受けない方は保育料から月額10,000円を上限に助成します。無償化の給付を受ける方は保育料中の実費(入園料・給食費・行事費等)及び無償化給付(施設等利用費給付)を控除した差額について、月額10,000円を上限に助成を行います

助成を受けるには下記の要件を全て満たす必要があります。

要件(1)
 月の初日に保護者・児童ともに、国分寺市の住民基本台帳に記載されていること。

要件(2)
 児童が認証保育所(注釈)に入園していること。なお、認証保育所と認可保育所の二重在籍は認められておりませんので、認可保育所に入所している月分は対象となりません。

(注釈)「市内家庭福祉員」及び「認定こども園」は平成27年度より子ども・子育て支援新制度への移行に伴い、保護者助成金の対象施設ではなくなりました。なお、「市外家庭福祉員」については、保護者助成金の対象施設に該当する場合がありますが、令和2年8月1日現在、市民の在籍はありません。

要件(3)
 月の初日に在籍し、月極め(施設が毎月市に提出する在園者名簿に名前が記載されている)契約であること。 一時保育の月極め利用は対象となります。

助成金額

無償化対象外の方 保育料から月額10,000円を上限に助成

無償化対象の方      保育料中の実費及び無償化給付分を控除した差額につき、月額10,000円を上限に助成    

(注釈)令和2年4月から6月分について新型コロナウイルス感染症による保育施設等の臨時休園等に対する支援事業により施設から保育料の減額もしくは返金を受けた場合はその控除後につき、月10,000円を上限として助成致します。

申請方法
 補助対象月を前期分(4月から9月)、後期分(10月から3月)に分けて、前期分は無償化対象外の方は9月、無償化対象の方は10月、後期分は無償化対象外の方は3月、無償化対象の方は4月に申請期間を設けます。前期分と後期分を併せて申請いただくことはできません。申請期間が近づきましたら市報、ホームページ、各認証保育所にてご案内いたしますので、申請をお忘れないようご注意ください。

(注釈)幼児教育・保育無償化につきましては、「幼児教育・保育無償化の概要」を参照願います。
  

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子ども子育て事業課 事業係
電話番号:042-325-0111(内線:465) ファクス番号:042-359-3354
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。