• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 環境 > 参加者募集(イベント) > 環境シンポジウム開催


ここから本文です。

環境シンポジウム開催

ページ番号 1017558  更新日  平成29年12月19日

イベントカテゴリ: 講座・講演会

第13回環境シンポジウム開催します!

国分寺の水辺を考える その2~国分寺の用水・昔と今~

玉川上水とその分水網、かつては台地上を網の目を縫うように存在した用水路は国分寺の原点です。

今も多摩川の原水が流れる砂川用水をはじめ、恋ヶ窪用水(跡)や姿見の池、お鷹の道・真姿の池湧水群、そして野川へと続く“国分寺の水辺”について、改めてその歴史を学ぶとともに現状を検証し、歴史的文化遺産としての保全や現代から未来にわたる活用について、私たちに何ができるか、一緒に学び、考えてみませんか。

【日時】平成30年2月3日(土曜日) 午後1時開場 午後1時30分開演
【会場】国分寺Lホール(国分寺駅ビル8階)
【定員】120名 ・手話通訳あり ・入場無料
【講師および講演テーマについて】
小坂克信さん 「武蔵野台地をうるおした玉川上水の分水-国分寺市域を中心に―」

 

小坂克信さん
【講師について】
産業考古学会理事・水車と臼分科会代表/国分寺市文化財調査専門委員/立川市文化財保護審議会委員/T.I.M.S.(国際風車・水車学会)会員
【主な著書】
玉川上水と分水(新人物往来社)/立川の水車をさぐる(立川市教育委員会)/武蔵野台地南部の水利用の歴史(とうきゅう環境浄化財団) 他

日付

平成30年2月3日(土曜日)

施設

ホール

会場

国分寺Lホール(国分駅ビル8階)

対象

どなたでも

内容

テーマ『国分寺の水辺を考える その2~国分寺の用水・昔と今~』

講師

小坂克信さん

講演テーマ『武蔵野台地をうるおした玉川上水の分水―国分寺市域を中心に―』

定員

120名

費用

不要

主催

国分寺市環境ひろば・国分寺市

注意事項

当日会場には手話通訳がいます

13時開場で終了予定時間は16時15分頃を予定します。

関連情報

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 まちづくり計画課 計画担当
電話番号:042-325-0111(内線:356・449・454・455) ファクス番号:042-324-0160
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。