• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 環境 > 動物・生き物 > 犬の飼い主のかたへ(犬を飼うときには)


ここから本文です。

犬の飼い主のかたへ(犬を飼うときには)

ページ番号 1007868  更新日  平成29年4月1日

新規登録および犬鑑札の再交付について

生後91日以上の犬を飼い始めるかたは、飼い始めてから30日以内に新規登録の手続きをしてください。ただし、生後90日以内の犬を飼い始めた場合は、生後90日を経過した日から30日以内に新規登録の手続きをしてください。

新規登録

犬の登録は生涯に1回です。清掃センター1階の環境対策課環境対策係(西恋ヶ窪4-9-8)または、市役所第1庁舎1階の市民課窓口までお越しください。登録料は1頭につき3,000円です。

新規登録には手数料以外に必要なものはありません。窓口で飼い犬の登録申請書を記入しますので、各項目が分かるようにしていただくか、事前に記入してお持ちください。

犬鑑札の再交付

犬鑑札を紛失したときは、清掃センター1階の環境対策課環境対策係(西恋ヶ窪4-9-8)または、市役所第1庁舎1階の市民課窓口で再交付の手続きをしてください。再交付手数料は1頭につき1,600円です。

(注釈)狂犬病予防注射済票の交付・再交付、猶予申請は市役所第1庁舎1階の市民課窓口では手続きができません。清掃センター1階の環境対策課環境対策係(西恋ヶ窪4-9-8)のみとなりますので、ご注意ください。また、電話、電子申請での対応は行なっておりません。

狂犬病予防注射および狂犬病予防注射済票の交付・再交付について

犬の飼い主は、毎年1回(4~6月)、飼い犬に必ず狂犬病予防注射を受け、狂犬病予防注射済票の交付を受けなければなりません。

狂犬病予防注射

予防注射(有料)は、動物病院または毎年4月に市で実施する集合注射の会場で受けられます(日程、会場につきましては、市報などでお知らせします)。市で実施する集合注射会場では、狂犬病予防注射済票の交付や飼い犬に関する登録、変更などの手続きを行うことができます。

狂犬病予防注射済票の交付・再交付

狂犬病予防注射済票の交付

予防注射が済んだら、獣医師の発行した「狂犬病予防注射済証明書」をお持ちのうえ、清掃センター1階の環境対策課環境対策係(西恋ヶ窪4-9-8)で狂犬病予防注射済票の交付の手続きをしてください。交付手数料は1頭につき550円です。

狂犬病予防注射済票の再交付

狂犬病予防注射済票を紛失したときは、獣医師の発行した「狂犬病予防注射済証明書」をお持ちのうえ、清掃センター1階の環境対策課環境対策係(西恋ヶ窪4-9-8)で再交付の手続きをしてください。再交付手数料は1頭につき340円です。

病気などで注射が受けられない場合、獣医師の発行した「猶予証明書」を環境対策課環境対策係へ提出してください。

(注釈)狂犬病予防注射済票の交付・再交付、猶予申請は市役所第1庁舎1階の市民課窓口では手続きができません。清掃センター1階の環境対策課環境対策係(西恋ヶ窪4-9-8)のみとなりますので、ご注意ください。また、電話、電子申請での対応は行なっておりません。

登録の変更および死亡届について

所有者の変更や住所変更、犬が死亡した場合、清掃センター1階の環境対策課環境対策係(西恋ヶ窪4-9-8)または、市役所第1庁舎1階の市民課窓口まで届出を行なってください。

所有者の変更および市内転居について

清掃センター1階の環境対策課環境対策係(西恋ヶ窪4-9-8)または、市役所第1庁舎1階の市民課窓口で変更の手続きを行なってください。その際は、犬鑑札をお持ちください。

(注釈)電話、電子申請での対応は行なっておりません。

転入・転出について

転入

前住所地で交付された犬鑑札をお持ちになり、転入の手続きを行なってください。国分寺市の犬鑑札と無償交換します。万が一、犬鑑札を紛失している場合は、前住所地での登録を確認して、国分寺市の犬鑑札を再交付します。再交付手数料は1頭につき1,600円です。

外国から入国する場合、犬の輸入検疫証明書を持参して、清掃センター1階の環境対策課環境対策係(西恋ヶ窪4-9-8)または、市役所第1庁舎1階の市民課窓口で転入の手続きを行なってください。

転出

他市に転出する場合、国分寺市への届出は必要ありません。新住所地に届出をして、犬の登録を国分寺市から新住所地へ変更してください。その際は、国分寺市の犬鑑札をお持ちになり、手続きを行なってください。

外国に出国する場合、清掃センター1階の環境対策課環境対策係(西恋ヶ窪4-9-8)または、市役所第1庁舎1階の市民課窓口に犬鑑札をお持ちになり、転出の手続きを行なってください。

飼い犬などを連れての出入国に関する留意事項

日本から外国に犬(猫)を連れていく場合は、動物検疫所において出国前に狂犬病予防注射や投薬などの事前確認の手続きが必要になります。また、相手国により入国の条件が異なります。予定が決まりましたらお早めに動物検疫所にお問い合わせください。

日本に入国する際にも所定の手続きが必要です。

死亡届について

犬鑑札と狂犬病予防注射済票をお持ちになり、清掃センター1階の環境対策課環境対策係(西恋ヶ窪4-9-8)または、市役所第1庁舎1階の市民課窓口で手続きを行なってください。

(注釈)電話での対応は行なっておりません。

死亡届は、インターネットで電子申請することができます。

電子申請は、自宅や職場などのパソコンからインターネットを使って24時間いつでも届出ができます。
詳しくは東京電子自治体共同運営サービスのホームページをご覧ください。

各手数料一覧

新規登録(犬鑑札の交付)
登録手数料は1頭につき3,000円がかかります。
犬鑑札を紛失したとき
再交付手数料は1頭につき1,600円がかかります。
狂犬病予防注射済票の交付
獣医師が発行した狂犬病予防注射済証明書をお持ちください。
交付手数料は1頭につき550円がかかります。
狂犬病予防注射済票を紛失したとき

獣医師が発行した狂犬病予防注射済証明書をお持ちください。

再交付手数料は1頭につき340円がかかります。

マナーを守りましょう

  1. 散歩時の犬のふんの放置などにより、迷惑を受けているという相談が多く寄せられています。飼い犬の排せつは自宅で済ませるようにしつけましょう。また、散歩のときは、ふんを入れる袋や水を携行し、ふんは必ず持ち帰り、尿は水で流すなどして、地域に迷惑をかけないようにしましょう。
  2. 事故防止のため、飼い犬には、必ずリードを着け、犬を制御できる人が散歩させましょう。

動物のしつけや迷い犬などについて

動物の適正飼養の普及啓発、飼い主の指導、犬などによる咬傷事故、迷い犬・猫の収容、犬・猫の譲渡などのご相談は、東京都動物愛護相談センター多摩支所(電話042-581-7435)へお電話ください。

東京都動物の愛護および管理に関する条例については、東京都福祉保健局健康安全部環境保健衛生課動物管理係(電話03-5320-4412)へお電話ください。

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

建設環境部 環境対策課 環境対策係
電話番号:042-328-2191 ファクス番号:042-326-4410
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。