• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > ごみ・リサイクル > 資源・リサイクル > 清掃センターで「生ごみ(登録制)」・「食用油」・「ぬいぐるみ」・「かばん」・「靴」・「ベルト」を、 第二小学校と第四小学校で「生ごみ(登録制)・食用油を 資源物として拠点収集を実施しています


ここから本文です。

清掃センターで「生ごみ(登録制)」・「食用油」・「ぬいぐるみ」・「かばん」・「靴」・「ベルト」を、 第二小学校と第四小学校で「生ごみ(登録制)・食用油を 資源物として拠点収集を実施しています

ページ番号 1002129  更新日  平成29年4月25日

生ごみの収集

【登録制】事前にお申し込みください

皆さまのご家庭から出される「燃やせるごみ」のうち約半分は台所からでる生ごみです。この生ごみを「もやせるごみ」と分けて、生ごみを分別収集し、より多くの皆さんにこの事業にご参加いただくために、生ごみの拠点収集を第二小学校、第四小学校 と清掃センターで実施しています。

収集曜日 毎週 月曜日・木曜日 【年末年始を除く】(第四小学校)
毎週 火曜日・金曜日 【年末年始を除く】(第二小学校)
毎週 火曜日・金曜日 【祝日・年末年始を除く】(清掃センター)
 
収集時間 午前8時30分から午前11時30分(第二小学校・第四小学校)
午前8時30分から午前10時(清掃センター)
対象者 市内在住で、第二小学校、第四小学校と 清掃センターに持ち込むことができる方。
参加方法

登録制となっています。事前に「ごみ減量推進課」へお申し込みください。

 【事前に生ごみとして出せるものをご説明した後に登録していただいた上、事業に参加していただきます。】

家庭で不要になった食用油(てんぷら油等)の収集

これまで凝固剤で固めたり、新聞紙や布野にしみこませて「もやせるごみ」としていた食用油の拠点回収をしています

拠点に出せる油 植物性の食用油(液体状のもの)サラダ油(菜種油・大豆油・コーン油)ごま油など
拠点に出せない油 動物性の油・鉱物油・事業活動から出る廃食用油
収集日時 毎週 月曜日・木曜日 【年末年始は除く】午前8時30分から午前11時30分まで(第四小学校)
毎週 火曜日・金曜日 【年末年始は除く】午前8時30分から午前11時30分まで(第二小学校)
平日 【祝日・年末年始は除く】午前9時から午後4時まで(清掃センター)

【食用油は、天かすなど固形物を紙でこすなどして取り除き、油の入っていた容器などに入れてお持ちください】

 

ぬいぐるみ・かばん・靴・ベルト類の収集

家庭で不要になって再使用できるものが対象

 これまで、ぬいぐるみは「もやせるごみ」、かばん・靴・ベルトは「もやせないごみ」として収集を行っていましたが、この拠点収集によって収集されたものは、国内外で再利用(リユース)および再生使用(リサイクル)します。

収集日時  平日(年末・年始を除く) 午前9時から午後4時(清掃センター)

出し方    透明・半透明の袋に入れてください

拠点に出せるもの・出せないもの (例)

品目 拠点に出せるもの 拠点に出せないもの
革靴・スニーカー・ブーツ・サンダル・ヒール(左右ペアのものに限る) スリッパ・スパイク・下駄類・安全靴・長靴
かばん リュックサック・ショルダーバック、ハンドバック・ランドセル 車輪付いたかばん類(ゴルフバック・スーツケース・キャリアバック)・ハードケース

ベルト・サスペンダー

革・布・エナメル 再使用できないもの
ぬいぐるみ

革・布類

(中身:綿・スポンジ・ビーズ等)

人形類
  1. 破損しているものや汚れや傷みがあるものは収集できません。
  2. 濡れているものは、収集できません。
  3. 靴類は、片方(片足分)のみの収集はできません。

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

建設環境部 ごみ減量推進課 ごみ減量推進係
電話番号:042-300-5303 ファクス番号:042-326-4410
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。