• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > スポーツ > オリンピック・パラリンピック > 気運醸成イベント > 北京オリンピック出場競泳元日本代表選手 柴田隆一さんの講演会・水泳教室


ここから本文です。

北京オリンピック出場競泳元日本代表選手 柴田隆一さんの講演会・水泳教室

ページ番号 1020344  更新日  令和2年4月7日

競泳元日本代表(北京オリンピック)柴田隆一さん教室&講演会

(1)初級クロール

初級クロール集合写真
初級クロールの教室に参加いただいたみなさん

オリンピアンである柴田隆一さんに水泳の基本クロールの基礎を教えていただきました。

キックはどうすれば進むようになるのか?息継ぎはどうしたらいいのか?

水中で自由に動ける楽しさを伝えていただきました。

ビート版を使ってキックの練習
ビート版を使ってキックの練習をしました。

(2)アスリート

アスリート教室の集合写真
アスリート教室に参加いただいたみなさん

既に泳法は身に着けていて、更なるタイムアップを目指す方を対象に、オリンピアン直伝のスピードアップのための練習方法を教えていただきました。

ストリームラインの確認
陸上でできないことは水中でもできないのでフォームを確認してから泳ぎます。

 スピードアップのためには抵抗を減らして効率よく泳ぐことが必要です。抵抗を減らすにはフォームが大切。ストリームラインを意識したフォームを身に着けることがスピードアップの近道だとのことです。

(3)アスリートに必要な栄養学「勝つためのごはん」

講義の様子
自身の経験から学んだ必要なアスリートに必要な勝つためのごはんをテーマに講義いただきました。

 現在は管理栄養士の資格を取得し、東京健康科学専門学校で教鞭を執る柴田隆一さん。

 ご自身がアスリートとして、経験から学んだことを管理栄養士の知識を活かし、水泳選手に必要な栄養素に関するお話をいただきました。

 トレーニングを行うアスリートは、栄養素に関する知識を身に着け、その知識を食に反映させることが大切です。

 アスリートだけに関わらず、健康的な体作りを目指す方にとっても必要な栄養素を理解し、バランスよく摂取することが必要です。

 勝てる強い選手になるためには食事の質にもこだわる必要がある、というご自身の経験に基づく説得力のある講義をいただきました。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 スポーツ振興課 スポーツ振興担当
電話番号:042-325-0111(内278) ファクス番号:042-323-9062
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。