• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 高齢者支援 > 在宅生活を支えるサービス > 高齢者火災安全システム


ここから本文です。

高齢者火災安全システム

ページ番号 1001802  更新日  平成26年9月15日

 寝たきり高齢者などの自宅に、家庭内での火災による緊急事態を自動的に通報をすることができる機器や自動消火装置などを設置し、迅速な消火活動などを行い日常生活の安全を確保します。

対象となるかた

 65歳以上のひとり暮らし、高齢者のみの世帯のかたや寝たきり高齢者などで、心身機能低下や住環境から防火などの配慮が必要なかた。

貸付・給付する機器

火災警報器の給付

給付の対象者
おおむね65歳以上の寝たきり高齢者およびひとり暮らしの高齢者など
性能など
室内の火災を煙または熱により感知し、音や光を発し、また屋外にも警報ブザーで知らせます。

自動消火装置の給付

給付の対象者
おおむね65歳以上の寝たきり高齢者およびひとり暮らしの高齢者など
性能など
室内温度の異常な上昇または炎の接触を感知し、自動的に消化液などを噴射して、初期火災を消火します。

ガス安全システムの給付

給付の対象者
おおむね65歳以上であって心身機能の低下に伴い防火などの配慮が必要なひとり暮らしの高齢者など
性能など
警報器からの信号受信、ガスの異常使用や地震などの時にガスを自動的に元から遮断します。

電磁調理器の給付

給付の対象者
おおむね65歳以上であって心身機能の低下に伴い防火などの配慮が必要なひとり暮らしの高齢者など
性能など
炎を使用せずに、電磁作用によって鍋自身を発熱させる調理器です。

専用通報機の貸与

貸与の対象者
おおむね65歳以上であって心身機能の低下や居住環境から、防火などの配慮が必要なひとり暮らしの高齢者または高齢者のみの世帯の高齢者(東京都高齢者緊急通報システム利用者は除きます)
性能など
火災報知器と接続することにより、火災に伴う火災に伴う火災警報器からの信号を東京都

利用料(機器の設置時および更新時)

 課税状況などに応じて利用料負担割合が異なります。

生活保護を受給しているかた
無料
住民税非課税世帯のかた
機器費用の6%
上記以外のかた
機器費用の10%

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 高齢福祉課 いきいき推進係
電話番号:042-321-1301 ファクス番号:042-320-1180
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。