• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 文化・歴史・平和 > 平和・人権・男女共同参画 > 男女平等 > 講座・イベント > 親子同時開催講座「令和に必要とされる生きるチカラを身につけよう!!」


ここから本文です。

親子同時開催講座「令和に必要とされる生きるチカラを身につけよう!!」

ページ番号 1024353  更新日  令和2年10月20日

イベントカテゴリ: 講座・講演会

(注釈)新型コロナウイルス感染拡大防止の為、今後の状況によっては中止する場合があります。あらかじめご了承ください。

講座チラシ

日付

令和2年11月7日(土曜日) 午後2時から午後4時

会場

ひかりプラザ 203・204号室(国分寺市光町1-46-8)

(注釈)保護者向けには、途中から別室に移動して講義をお聞きいただきます。

[ひかりプラザ]

対象

親子
市内在住の小学生とその保護者。
兄弟での参加、お父さんの参加も可能です。

内容

 成人男性の多くには、「家事を手伝う」という意識が見受けられ、その意識を変えるのは容易なことではありません。 しかしながら、幼少期からの家庭内でのお手伝いを通じて、「誰もが家事をおこなうもの」という意識をもって生活すれば、数年後には世の中の家庭の状況が今とはだいぶ変わるのではないでしょうか。

 

 また、お子さんは家庭内でのお手伝いを通じて、その中での様々な挑戦や工夫から、未来に役立つ「生きるチカラ」が身につきます。

 

 そんな自立に向けた成長のお手伝いのために、大人が出来ることとは?子どもでも出来るお手伝いのコツとは?
家族のハッピーを増やすために、この機会にそれぞれに学んでみませんか。

 

 ママと家族を笑顔にするためのお手伝いなど、全国各地で幅広い講座を開催している粂井優子さんをお迎えし、保護者向けにお話しいただきます。

 

 子ども向けには、保護者とは別室で、粂井優子さんのお子さんで現役大学生の粂井龍三さんにご担当いただきます。お話だけでなく、日常に役立つ簡単な実習にも楽しくチャレンジします。

講師

【粂井 優子さん】Home to Work代表(講師・研修プランナー)
 環境カウンセラー/1級家事セラピスト/整理収納アドバイザー
社会人、大学生、男女3人の母。独立行政法人で役員秘書として勤務。

 

 退職後、不登校児を預かり暮らした経験から、心理学を学ぶ。
2012年より共同主宰している「親を楽しむサロン」の他、「暮らし、夫婦、子ども、仕事、こころ みんなに笑顔を」をキャッチフレーズに、家事・子育てに関する各種講演、講座、ワークショップを全国各地で開催。

 

【粂井 龍三さん】慶應義塾大学法学部政治学科 1年
 3人兄弟の末っ子(姉2人)として、両親や姉達から家事を仕込まれながら育つ。家事は人を育てる事を経験から実感したことから、2017年11月『粂井塾』http://kumeijuku.com/を設立し、主に小中学生を対象に、家事講座を始める。

 2018年8月から2019年6月までアメリカの高校(ワシントン州シアトル郊外)で留学。アメリカで「個人を尊重し、オンリーワンであることを大切にする子育てや教育、自分の意見や考えを持ち発言する力や他者の意見を傾聴し、共感し、質問をする力を育てる子育てや教育」を体感・体得。

 帰国後(2019年夏)は、企業の障害者雇用社員向け研修、外国人向け英語での家事講座等、粂井塾を更に進化させている。

 

 

定員

12組程度

(注釈)先着順

費用

不要

持ち物

共通:マスク・筆記用具

子ども:牛乳パック(切らずにすすいで乾かしたもの)、はさみ、靴下、半袖Tシャツ、フェイスタオル(75センチメートル×35センチメートル程度)

(注釈)本講座は対面での開催を予定しております。新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、マスクの着用にご協力ください。

注意事項

託児 4人(生後6ヶ月~未就学児・先着順)

 

新型コロナウイルス感染症への対策について
  • 感染症拡大予防のため、マスクを着用の上ご参加ください。
  • 参加当日は、事前に体温を測定し、発熱等体調に変化がある場合は、ご参加いただけません。
  • 過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方は、ご参加いただけません。
  • 海外から帰国後14日経過していない場合は、ご参加いただけません。
  • 当日は受付にて参加者全員に対し、非接触式温度計にて検温を行います。
  • 施設に入られる際や講座参加の前後は、手指のアルコール消毒をお願いします。
  • 複数の窓を開けるなど、通気の良い換気を行うため、空調が効きにくいことが予想されます。
  • 感染が判明した際に、必要に応じて保健所等の公的機関に個人情報を提供する可能性があります。ご参加にあたっては、氏名・連絡先等の個票(当日配布)を記入し、受講後に受付にご提出をお願いします。
申込み

10月2日(金曜日)午前9時から電話またはメール(jinkenheiwa@city.kokubunji.tokyo.jp

  (注釈)メールの場合は「講座名・氏名(ふりがな)・電話・託児希望の方は子どもの名前・年齢・性別」をご入力ください。

 → 男女平等推進センター電話042 (573)4378 (先着順)

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 人権平和課 人権平和担当
電話番号:042-573-4378 ファクス番号:042-573-4388
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。