• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 教育・学習 > 公民館 > 公民館主催講座等 > 歴史講座「今に生きる幻の米 『武蔵国分寺種 赤米』」 【恋ケ窪公民館】


ここから本文です。

歴史講座「今に生きる幻の米 『武蔵国分寺種 赤米』」 【恋ケ窪公民館】

ページ番号 1017617  更新日  平成30年1月15日

イベントカテゴリ: 講座・講演会

「武蔵国分寺種 赤米」をご存知ですか?

20年前に東恋ヶ窪で発見された大変貴重なお米で,原始時代から品種改良されないまま今に伝わる赤米は,国内にたった4種,しかも東日本には国分寺だけにしかありません。

赤米が毎日食されていた時代のこと、再発見当時のワクワクエピソードなどを聞き、実際に,試食や赤米の藁を利用した納豆づくりを体験しながら、生き続ける歴史を堪能してみませんか。

日付

平成30年2月24日(土曜日) 、3月3日(土曜日) 、3月10日(土曜日) 、3月17日(土曜日) 午前10時~12時

会場

恋ケ窪公民館(2月24日・3月3日・17日)

第九小学校(3月10日)

[恋ヶ窪公民館]

対象

中学生以上の市民

内容

2月24日(土曜日)  赤米の歴史と文化を学ぼう (講師:長沢利明さん)

3月3日(土曜日)  赤米の価値と栄養を知ろう (講師:長沢利明さん)

3月10日(土曜日) 藁納豆をつくってみよう (講師:鈴木 純さん)

3月17日(土曜日) 赤米の未来を考えよう (講師:高浜洋平さん) ・ 赤米おにぎり実食会

講師

長沢 利明さん (法政大学講師)

鈴木 純 さん (まちの植物はともだち)

高浜 洋平さん (古代米復活プロジェクト)

 

定員

15人

費用

必要
500円(食材費として初回集金)

協力

ふるさと文化財課

申込方法

1月25日(木曜日)までに電話または直接恋ケ窪公民館へ。多数の場合は抽選。定員に満たない場合は、1月26日(金曜日)以降先着順

恋ケ窪公民館 歴史講座チラシ画像

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

教育部 公民館課 恋ケ窪公民館

電話番号:042-324-1926 ファクス番号:042-327-9100
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。