• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 障害者支援 > 日常生活の援助 > 在宅生活を支えるサービス > 重度身体障害者等緊急通報システム貸与制度


ここから本文です。

重度身体障害者等緊急通報システム貸与制度

ページ番号 1001688  更新日  平成29年12月1日

 18歳以上65歳未満のひとり暮らしなどの重度身体障害者または難病患者(難病医療費助成対象疾病)が家庭内で病気などの緊急事態に陥ったとき、貸与または給付された通報機器で東京消防庁に通報し、近隣のボランティアを中心とした地域協力体制により、速やかな援助を行います。ただし、所得に応じて費用負担があります。

重度心身障害者火災安全システム貸与制度

 18歳以上65歳未満のひとりぐらしなどの重度身体障害者(緊急通報システム利用者に限る)、または重度知的障害者が、火災による緊急事態に陥ったとき、貸与した通報機器で東京消防庁に通報します。
 近隣のボランティアなど、緊急通報員の援助を得て、救助などを行います。ただし、所得に応じて費用負担があります。

 65歳以上の高齢者のかたは対象要件などが異なりますので、高齢福祉課にお問い合わせください。(電話番号:042-321-1301)

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 障害福祉課 生活支援係
電話番号:042-325-0111(内線:344) ファクス番号:042-324-6831
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。