• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 障害者支援 > その他 > 関係機関・団体からのお知らせ・情報 > 精神保健福祉講座「まちで暮らす 地域包括ケアは暮らしの支えになるか」


ここから本文です。

精神保健福祉講座「まちで暮らす 地域包括ケアは暮らしの支えになるか」

ページ番号 1017665  更新日  平成30年2月1日

イベントカテゴリ: 講座・講演会 健康・福祉

日付

平成30年2月24日(土曜日) 午後1時50分~午後5時(受付:午後1時30分~)

施設

公民館

会場

本多公民館 2階ホール

事前申し込み無し
当日直接会場へお越しください。

対象

どなたでも

内容

日本の精神科医療は長期入院者の退院が推進されていますが、地域生活を支える体制がまだ整っておらず、退院されてくる市民の生活を支える力が充分ではありません。その中で「精神障害者にも対応した地域包括ケアシステム」という『在宅生活を中心にしていく』政策を今後の国の方針として出そうとしています。

講師に認知症高齢者の『在宅生活の継続』に力を入れている上野秀樹医師をお招きし、まちで暮らす一員として、この政策は一体どのようなもので、そして、私たち市民の生活にどのような影響があるのかを皆さまと考える機会としたいと思います。

講師

上野秀樹さん(千葉大学医学部附属病院特任准教授)

費用

必要
200円(資料代)

主催

社会福祉法人はらからの家福祉会

(問い合わせ)電話:042-323-5637

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 障害福祉課 生活支援係
電話番号:042-325-0111(内線:344) ファクス番号:042-324-6831
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。