• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > 国分寺市議会 > 請願書・陳情書 > 陳情第27-8号 人工鼻等を日常生活用具給付に追加することに関する陳情


ここから本文です。

陳情第27-8号 人工鼻等を日常生活用具給付に追加することに関する陳情

ページ番号 1010476  更新日  平成27年11月10日

陳情第27-8号

人工鼻等を日常生活用具給付に追加することに関する陳情

 

受理年月日 平成27年9月28日

提 出 者  国分寺市泉町2-5 西国分寺ゆかり参番街1-405

堀 良夫 外署名者37名

 

陳情の要旨

障害等級3級音声機能で,かつ人工喉頭の埋め込み手術を受けた障がい者は,そのままだとにおいを嗅ぐことも寒気から肺を防御する手段もありません。

人工鼻とそれを保持するシール(どちらも1から2日程度の消耗品)等を用いることによって,上記が改善され社会復帰が可能となります。

しかしながら,それを維持するためには月額20,000円以上の費用が発生しています。

がん患者ですので,定期的な検診・人工鼻の交換費用も必要な状況であり,年金生活者にとってはとても大変な状況です。

なお,埋め込み型の手術を受けていない音声・言語機能障がい者は対象外です。

 

追記:3年前に八王子市から国分寺市に転居してきました。市役所には毎年申し入れてまいりましたが,予算不足・調整中等で予算化されません。

これは非常に不平等であり憤りを感じます。

 

陳情事項

1 人工鼻等の費用1人当たり月額23,100円を上限に日常生活用具の給付種目として平成28年度予算にぜひ組み込んでいただきたい。

2 毎月が予算的に無理と言うなら,数か月ごととかで対応していただきたい。

 

平成27年9月28日

国分寺市議会議長 須﨑 宏 様

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 庶務担当
電話番号:042-325-0111(内線:467) ファクス番号:042-327-1426
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。