• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > 国分寺市議会 > 請願書・陳情書 > 陳情第28-1号 子どもをめぐる施設に対する安全ガイドライン策定に関する陳情


ここから本文です。

陳情第28-1号 子どもをめぐる施設に対する安全ガイドライン策定に関する陳情

ページ番号 1012786  更新日  平成28年2月19日

陳情第28-1号

子どもをめぐる施設に対する安全ガイドライン策定に関する陳情

 

受理年月日 平成28年1月25日

提出者 国分寺市本多3-7-28

国分寺市保育園保護者の会連合会2015年度会長 上甲 智史

外連署者2名 署名者10名

 

陳情の要旨

日ごろより保育行政につきまして御尽力くださりありがとうございます。2014年9月に市立ほんだ保育園周辺において,子どもとその保護者に対する威嚇事件が起きた際は,迅速に子どもの安全のためにさまざまな対応策をとっていただいたことが大きな安心につながりました。しかし一方で,この事件によりさまざまな問題も浮き彫りになりました。

具体的には,近隣自治体で実施されているような,市内の子どもをめぐる施設や通学路に一様に適用される安全ガイドラインが不在です。また,事態発生から市担当課を通じて事態解決までの一連の手順やその判断基準を細かく規定したガイドラインも不在です。加えて,そうしたガイドラインやマニュアルの各施設(ここでは特に子どもに関する施設として幼稚園,保育園,小・中学校,学童保育所,児童館,親子ひろば,子ども110番の家,その他児童福祉施設を指す)及び公共のスペース(通学路や公園)における実施と,その効果を検証しながら必要な箇所は随時更新する,いわゆる*PDCA体制が欠如しています。

設置者・認可者である市が責任を持って子どもの安全を確保できる指針となるべきガイドラインを作成し,各施設運営責任者はその統一ガイドラインに基づいた施設運営をしながら,市と各施設は共同で同じ判断基準に基づいた安全対策を講じてください。市も各施設も,統一ガイドラインを通じて同じ理念と危機感を共有するからこそ効力を発揮するのであって,現状のように各々が個別のマニュアルを持っているだけでは,実施の有無や効果の検証,その時代の犯罪や脅威の状況に合わせた必要な改訂を一斉にかつ迅速に行うことができません。

毎週のように届く安全・安心メールには,市内全域から不審者情報が寄せられており,数年前と比較しても,子どもを取り巻く犯罪の状況,そして犯罪の種類内容は刻々と変化しています。どの施設も事態発生からなるべく時間を置かず情報を入手し,状況に合った効果的な安全防犯対策を即時に実施するには,各施設がばらばらに対策を講じるのではなく,情報入手経路の確定,情報共有のための方策,子どもの安全確保のための具体的方策が盛り込まれたガイドラインが必要です。ガイドラインの存在によって運営母体も異なるさまざまな施設が情報の共有と内容の更新を一斉に実施することが可能となります。

また,今後も待機児童解消のための新規民営保育園の設置,狭隘状態解消のための民間学童の設置,市の運営ではない施設の増加が想定されますし,親子ひろば等子どもとその保護者が集う場所の充実も今以上に求められていくでしょう。市が策定した統一ガイドラインがあれば,こうした施設の新規参入や新たな企画が提供されたときに,市内の防犯と犯罪発生時の枠組みを即時提示でき,結果として漏れなくどの施設にもガイドラインに沿った運営を促すことができます。

一方庁内においても,事態の緊急性の判断基準が詳細に定義されているガイドラインがあれば,人事異動や個人の資質に関わらず,誰でもガイドラインに沿えば同じ判断ができるようになります。ベテラン職員でも,新規採用者でも,市民から事態の報告を受けた最初の庁内職員の初動が,いつでも同じ基準で適切に判断されてこそ,犯罪を未然に防ぐことが可能となり,また事件の早期解決につながります。

以上の理由により,市民との協働による子どもをめぐる安全ガイドラインの策定を求めます。

 

*PDCA体制とは,PLAN(計画)→DO(実行)→CHECK(評価)→ACT(改善) の4段階を繰り返すことによって,業務を継続的に改善する手法。

 

陳情事項

子どもがどこにいても安全が保障され,伸びやかに活動できるために以下の6項目の実施を求める。

1 関係所管課及び保護者の代表者参画のもと,各学校,保育施設,通学路を対象としたガイドラインの策定を求める。

2 ガイドラインは各施設の規模や内容に応じた子どもたちの安全確保の具体的方策を示す。

3 ガイドラインは不審者や事件の情報を市が各施設に提供することを義務づける。

4 ガイドラインは市民が有事に巻き込まれた際,庁内の判断権者,職員の役割を定める。

5 ガイドラインは事態発生の際の庁内における情報伝達経路を定める。

6 ガイドラインは事態発生から市担当課を通じて事態解決までの一連の手順やその判断基準を示す。

 

平成28年1月25日

国分寺市議会議長 須﨑 宏 様

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 庶務担当
電話番号:042-325-0111(内線:467) ファクス番号:042-327-1426
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。