• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > 国分寺市議会 > 請願書・陳情書 > 陳情第29-8号 東京都立武蔵国分寺公園または隣接する都有地へのドッグラン設置についての意見書提出を求める陳情


ここから本文です。

陳情第29-8号 東京都立武蔵国分寺公園または隣接する都有地へのドッグラン設置についての意見書提出を求める陳情

ページ番号 1017369  更新日  平成29年11月28日

陳情第29-8号

東京都立武蔵国分寺公園または隣接する都有地へのドッグラン設置についての意見書提出を求める陳情

 

受理年月日 平成29年10月20日

提出者 国分寺市西元町3-31-21

ドッグ・ラン武蔵国分寺

会長 酒井 宏幸  外連署者5名 署名者6名

 

陳情の要旨

近年,ペットは「生活に喜びを与えてくれる大切な存在」であることや,「健康面,精神面だけでなく人と人をつなぐコミュニケーションにおいても大切な存在」として認知されるに至っていることから,国分寺市においても5千頭を超える犬が登録されています。

しかし,一方では,犬を嫌いな方,犬を飼うに当たりマナー・ルールを心得ない飼い主がいることも事実です。さまざまなトラブルも散見されている中,これらの問題の解決策として多くの自治体によって各地に「ドッグラン」が開設されています。

この施設は愛犬をノーリード(引き綱をつけない)で遊ばせることができる,愛犬家にとっては喜ばしい場所であると同時に,犬を嫌いな方々等にとっても以下のようなメリットが存在する場所となっています。

(1) 愛犬家と犬を嫌いな方との間で,公園利用に関してのすみ分けが行えること。

(2) 問題のある飼い主に対して,犬を飼うに当たってのマナーやルールを徹底させる場所にできる。ドッグランを利用する際には,予防注射の接種やふん,抜け毛の後始末をする等のルールの厳守が大前提となっています。ルールを守らない飼い主に対して,これらのルールを遵守させるためには,文書等を配布する程度では徹底することが難しく,ドッグランのような犬が集まる現場におけるコミュニケーションを通じて意識の共有を行うことが最も効果的であると考えられること。

(3) 子どもたち,高齢者,住宅事情等で犬を飼えない方等にも,犬を介して地域の交流の場を作ることができること。

(4) うんち拾い運動やアニマルセラピーなど,犬たちや愛犬家の皆さんが社会貢献の活動を行うための情報の発信基地としての役割を担うことができること。

(5) 災害発生時には,国分寺市においても避難所でのペットの同行避難が可能ですが,高齢者世帯等で避難所までの移動が困難な場合や犬が苦手な人のために,応急の避難場所としての活用が可能であること。

これらのことから,当会として,以下の陳情を行うこととしました。以下の事項について,何とぞ御高配の上,市議会での採択をお願いいたします。

 

陳情事項

東京都立武蔵国分寺公園またはその周辺の都有地にドッグランを設置するよう,東京都へ意見書を提出してください。

 

平成29年10月20日

国分寺市議会議長 木村 徳 様

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

議会事務局 庶務担当
電話番号:042-325-0111(内線:467) ファクス番号:042-327-1426
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。