• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > 市政情報 > オンブズパーソン > 苦情申立一覧 > 平成25年度オンブズパーソンへの苦情申立て一覧


ここから本文です。

平成25年度オンブズパーソンへの苦情申立て一覧

ページ番号 1005068  更新日  平成26年9月15日

平成25年度の苦情申立ての受付は5件ありました(うち1件がt取り下げ、1件が翌年度への継続案件となりました)。

昨年度からの継続案件が1件ありました。

オンブズパーソンの運営状況

 

申立ての趣旨(カッコ内は市の関係機関)

調査結果など
1 [平成25年3月15日申立受付](注釈)前年度より継続
 国分寺市の障害者への交通費助成制度を、タクシー券による補助に変更してほしい。(障害者相談室)
「国分寺市心身障害者の通院および通所訓練等交通費助成規則」に基づく現行の制度の一時立替に特段問題はなく不適正な要素はない。今後は、広い視野での制度検討に期待する。
2 [5月23日申立受付]
カーブミラーに所有する樹木が覆いかぶさるが、高齢なため剪定等もままならない。カーブミラーを撤去してほしい。(道路管理課)
道路・交通の安全性の観点からこのカーブミラーの撤去はできないとの市の判断。樹木の所有者が選定困難な場合、市が書面でその都度承諾を取り行うことを担当課が確約したため、調査を終了することとした。
3 [9月20日申立受付]
 国民健康保険証を一定期間無効と説明を受け通院を控えた。後に有効と分かったが、このような誤った情報を提供したのはなぜなのか。(保険課)
 

保険証切り替えのための電話対応に不服があったもの。電話での説明の正確さを保つため保険課はもとより、他の部署も含め以下の4点をお願いする。
(1) 市民が市のサービスを購入(納税)する顧客であると日々考えること (2) 市民が各種制度に詳しくないことを前提とした説明を基本とすること (3) 電話での説明は、誤解がないような説明方法や確認方法を検討し、また職場内でノウハウを交換すること(4) 過去の失敗や行き違いを職員間で共有し(その責任を追及するのではなく)、そこから各職員が学び取る機会を設けること

4 [11月5日申立受付]
 生活福祉課に、夫と息子の入院などで生活が苦しかったため相談に行ったが、対応が親切でない(生活福祉課)
平成25年11月20日に、オンブズパーソンとの面談を経て、申立人より本苦情申立てにつき回答は不要であるとの表明をいただいたので、調査を中止とした。
5 [平成26年2月25日申立受付]
 介護保険要介護・要支援認定の申請に行った際の職員の対応が理不尽であった(高齢者相談室)
翌年度へ継続

 

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

政策部 政策法務課 広聴担当
電話番号:042-325-0111(内線:559) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。