• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > 市政情報 > オンブズパーソン > 苦情申立一覧 > 平成27年度オンブズパーソンへの苦情申立て一覧


ここから本文です。

平成27年度オンブズパーソンへの苦情申立て一覧

ページ番号 1013757  更新日  平成28年9月26日

平成27年度の苦情申立ての受付は4件ありました(うち2件が取り下げ)。発意による調査を1件実施しました。

昨年度からの継続案件が2件ありました。

オンブズパーソンの運営状況

 

申立ての趣旨(担当課)

調査結果など
継続

(注釈)前年度からの継続

【平成26年7月29日申立て受付】《障害者相談室・社会教育スポーツ振興課ほか》

 寄附された保存樹林地に道路を建設するための樹木の伐採は市条例に違反している。また、道路拡張のため隣接するゲートボール場が縮小されたのは、利用者に一方的に不利益を押し付けるものなので、道路建設を撤回してほしい。
 

 必要な対応(責任者を明確化すること、道路と公式ゲートボールフィールドの確保の両立)が完了するまで新たにこれらに関する設計・工事などを行わないこと、という勧告を前年度に行ったが、市は道路用地についてゲートボール場の敷地を確保できるよう該当部分の寄附を受け、勧告の趣旨に沿って是正措置が行われ、完了したと判断した。

継続

(注釈)前年度からの継続

【平成27年2月6日申立て受付】《道路と下水道課》

 土地の埋設管に係る賃貸借契約等の取扱いを協議しているが、市職員が真摯に取り組まないため、集合住宅の事業計画が進展していない。

 客観的な資料上東京都の所有と解される以上、市は関与できる立場にはなかった。担当課には、法律が関係する案件の事実関係を正確かつ十分に専門家に伝えて相談することなどを要請し、勧告などは行わないこととした。
 
1

【平成27年4月28日申立て受付】 《高齢者相談室》

 地域包括支援センター職員の行為に関して、市職員に説明を求めたが、対応が丁寧でなく、失礼なものだった。また、同センターの業務委託者として、注意義務を尽くしていないのではないか。

 市が一定の調査を行ったものの、申立人が主張する問題を認識することができなかった。市職員として職務や電話対応などにも不適切な点は見当たらなかったため、勧告などは行わないこととした。
2

【平成27年7月15日申立て受付】 《文化と人権課》

 市と国分寺まつり実行委員会が出店募集要項に関して協議し、また、その協議の開示に関して協議をするよう要請してほしい。出店拒否は人権侵害であり、文化と人権課が取り上げないのはおかしい。

 市は実行委員会に対して合理的な対応を行っており、また、文化と人権課が個別の人権侵害の申立てを受け付けないことは、その権限がないことから、いずれも問題はないと判断し、勧告などは行わないこととした。
3

【平成28年1月8日申立て受付】 《ごみ対策課》

 戻ってこない飼い猫の問い合わせに、実際は死がいを引き取っていたのに「該当なし」と回答され、猫探し業者に依頼した。その代金と気持ちを返してほしい。

 本人からの申出で取下げとなった。
4

【平成28年2月23日申立て受付】 《政策経営課ほか》

 市長への手紙の回答に関してやり取りした市職員の対応への苦情。

 本人からの申出で取下げとなった。
発意

(注釈)オンブズパーソンの発意による調査

《市政戦略室》

 ペンシルロケットレプリカ製作委託に係る経緯。

 担当課と面談を実施し、文書回答を受け終了した。

 

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

政策部 政策法務課 広聴担当
電話番号:042-325-0111(内線:559) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。