• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > 市政情報 > 公表資料 > 政策 > 第四次行政改革実施プラン(平成28年度達成状況)


ここから本文です。

第四次行政改革実施プラン(平成28年度達成状況)

ページ番号 1017216  更新日  平成29年11月1日

第四次行政改革実施プラン(平成28年度達成状況)

市を取り巻く状況

 平成28年度一般会計決算の結果、歳入については、昨年度と比べ、市税収入が約2億円の増となりました。経常収支比率は92.9%と2.0ポイント悪化しました。一方、一般会計の基金残高は約7億円増え、約44億円となりました。
 近年の財政健全化の取組により、財政状況について一定の改善が進んでいると考えられますが、今後も子育て支援や高齢者福祉のための更なる社会保障費の増加や公共施設の修繕・更新等に伴う歳出増が見込まれ、将来を見据えた計画的な取組が必要になります。
 

行政改革実施プランにおける行政改革推進委員会からの総括

 行政改革実施プランは、市民と識見者により組織する行政改革推進委員会において、その進行管理をしてまいりました。平成28年度をもって、当該実施プランの進行管理が終了することを受け、行政改革推進委員会より以下のとおり総括がありました。

評価及び進行管理に関する課題

 平成28年度までの進行管理を行う中で、実施プラン策定時に想定していた計画について、社会状況の変化等により、そのまま実施することが合理的でなくなり進行管理から外れたものや、計画どおりに実施することが困難であったものなどが見られた。また、実施プランの「達成率」について、設定の考え方及び評価が示されているものの、抽象的であることから各事業の客観的な評価が難しいものが多くあり、その目標に対し施策の達成状況を適切に示す測定指標を設定する必要があると認められた。

実施プランの評価及び結果について

 様々な課題があるなかで、実施プラン最終年度の評価においては、特に、各事業で想定しているアウトカム(目標が達成された状態)にどれだけ近づいたかに主眼を置き、当初考えていた取組方法ではない手法でも、目標が実現したと考えられるものについては100%で「達成」と判断し、100%に満たなかった事業について「未達成」とした。平成24年度から平成28年度までの5年間での財政効果額は1,442,730,395円となり、全25事業のうち達成した事業は14事業、未達成9事業、進行管理の対象から外れた事業が2事業となった。

行政改革実施プランを閲覧できる場所

 行政改革プラン・行政改革実施プランは、オープナー(市役所附属棟)・本多図書館駅前分館でもご覧いただけます。公表している資料は下記の添付ファイル(PDFファイル)と同じものです。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

政策部 政策経営課 行政改革推進担当
電話番号:042-325-0111(内線:442) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。