現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > 健康・福祉 > 介護保険 > 介護保険料の天引き額が、月ごとに違うのはどうしてですか。また、仮徴収とは何ですか。


介護保険 よくある質問

ページ番号 1005799
更新日  平成26年9月13日

質問介護保険料の天引き額が、月ごとに違うのはどうしてですか。また、仮徴収とは何ですか。

回答

一年間に4・6・8・10・12・2月の年金から6回に分けて納めていただく保険料は、住民税賦課決定後の7月頃に確定します。このため、一年のうち、保険料確定前である前半の4・6・8月の年金からは、仮の金額で天引き(仮徴収)します。通常は前年度2月と同じ金額です。後半10・12・2月は確定した年間保険料から仮徴収分を除いた額を3回に分けて納めていただくことになり、結果、月によって天引き額が違ってしまいます。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉課 介護保険係
電話番号:042-321-1301 ファクス番号:042-320-1180
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。