現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > 環境・ごみ > 公園 > 公園などにある「むかしの井戸」はどういう役割のものですか。 


公園 よくある質問

ページ番号 1005944
更新日  平成26年9月13日

質問公園などにある「むかしの井戸」はどういう役割のものですか。 

回答

災害時には地域社会における給水拠点になるほか、平常時には緑と水を通した都市環境の保全、市民のふれあいの場の確保を目的としています。月1回、各地区の井戸を囲んで行われる「井戸端会議」は、顔と顔の見えるご近所づきあいの場にもなっています。ご近所の方はぜひお立ち寄りください。井戸水は汲めば汲むほど水質が良くなり、水量も増えてきます。日頃から汲み出しにご協力ください。井戸の場所や井戸端会議の日程はリンク先をご覧ください。(注釈)井戸水は消毒していないため飲用できません。 

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

総務部 防災安全課 防災まちづくり係
電話番号:042-325-0111(内線:511) ファクス番号:042-326-3624
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。