現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > 市政全般 > 計画・条例 > 国分寺崖線とは何ですか。市ではその保全にどのような取組みをしていますか。


計画・条例 よくある質問

ページ番号 1006442
更新日  平成31年3月4日

質問国分寺崖線とは何ですか。市ではその保全にどのような取組みをしていますか。

回答

国分寺崖線は、武蔵野を代表する地形であり、立川市から大田区まで連続する延長約30キロメートルに及ぶ「がけ地」(ハケともよばれています)です。市内にも北西端から南東部まで国分寺崖線が連続し、貴重な樹林地が形成されています。

崖線の斜面地だけでなく、湧水・地下水の涵養域、崖線の崖下から見上げた景観及び崖上の台地からの眺望保全の観点を含め、国分寺市ではまちづくり条例における独自の「国分寺崖線区域」を設定し、重要な地域資産である国分寺崖線における緑地の保全、景観の形成、湧水の保全及び活用など独自の基準を設け、緑豊かな崖線の保全と再生に取り組んでいます。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 まちづくり推進課 開発事業担当
電話番号:042-325-0111(内線:457・459) ファクス番号:042-324-0160
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。