現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 子育て > 保育所への入所について > 平成29年度保育所等入所の申込み


平成29年度保育所等入所の申込み

ページ番号 1014603
更新日  平成28年10月29日

 保育所等の入所については、入所申込書に必要書類を添付して、子ども子育てサービス課の窓口で直接お申し込みください。受付時にご家庭の状況や添付書類の確認、および簡単な聞き取り調査を行ないますので、郵送やファクスでの送付やご家族以外の方の申込みはお受けできません。
 いったん受付した申込みは、年度内は有効ですので、毎月申込む必要はありません。
 また、市外の保育所等への入所を希望する場合は、希望保育所等の所在地の市区町村に締切日・必要書類をご確認の上、締切の1週間前までに国分寺市子ども子育てサービス課にお申込みください。
 入所にあたっては、以下の「保育所等入所案内」をよくお読みになり、お申込みください。

子ども・子育て支援新制度について

平成24年8月、日本の子ども・子育てをめぐる様々な課題を解決するために、「子ども・子育て支援法」が成立しました。この法律と、関連する法律に基づいて、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていく「子ども・子育て支援新制度」が平成27年4月にスタートしました。新制度の詳細はこちらをご覧ください。

市で利用申込みできる保育所等

市で利用申込みできる保育所等は、保育所、認定こども園(保育部分)、地域型保育事業などの認可保育施設です。新制度の対象とならない認証保育所につきましては、直接施設へ利用の申込みをしてください。

地域型保育事業

新制度に基づき、市が認可を行う保育事業で、主に待機児童の多い0歳~2歳児が対象となります。

地域型保育事業の種別

事業の内容
家庭的保育 家庭的な雰囲気の下で、少人数を対象に保育を実施する事業です。
小規模保育 保育所に比べ小規模(定員6人~19人)な環境で、保育を実施する事業です。
事業所内保育 市内の事業所が自社の従業員の子どもの保育を行っている保育所で、地域の子どもも一緒に受け入れて保育を行う事業です。
居宅訪問型保育 病気や障害などの理由から、保育所などでの集団保育が難しい場合に、保護者の自宅で1対1の保育を行う事業です。

(注釈)現在、国分寺市には「認定こども園、小規模保育、事業所内保育、居宅訪問型保育」に該当する施設はありません。

家庭的保育者(保育ママ)について

家庭的保育者は、平成27年4月から子ども・子育て支援新制度に基づく「家庭的保育」として市が認可する保育施設に移行しました。これにより、利用申込みの方法や利用者負担額(保育費)が認可保育施設と同じになります。家庭的保育者の制度については以下をご参照ください。

平成29年度4月入所の申込み

申込受付期間

平成28年11月24日(木曜日)から11月30日(水曜日)(土曜日・日曜日含む)

出生前申込みを希望する方

平成29年3月までに出産予定のお子さんであれば、受付期間に未出生であっても4月入所の申込みをすることができます。ただし、産休明け保育の関係上、2月4日以降に産まれた場合は4月入所の対象となりません。

(注釈)申し込み時に、母子健康手帳((1)交付日記載の表紙(2)妊娠中の経過のページ(3)出産予定日記載のページ)

(注釈)出生後、2月15日(水曜日)までに子ども子育てサービス課へ「申込み児童に関する調査書」を提出ください。

受付時間

午前8時30分から午後5時(正午から午後1時は除く)

申込受付会場

国分寺市役所 書庫棟会議室

案内配布場所

子ども子育てサービス課(市役所第2庁舎1階)、市内認可保育所、市民課国分寺駅北口および光町サービスコーナー、健康推進課(いずみプラザ1階)

(注釈)平成29年度入所案内はホームページからダウンロードできます。

 

 

一次選考結果

平成29年2月17日(金曜日)に、文書で発送予定。

 

 

 

 

5月分から翌年2月分の入所の申込み

 入所希望月の2か月前から随時受付をします。各月の締切日は以下のとおりです。なお、3月入所の申込みはありません。

各月の締切日(各締切日の受付は正午まで)

【5月分】4月10日(月曜日)、【6月分】5月10日(水曜日)、【7月分】6月12日(月曜日)
【8月分】7月10日(月曜日)、【9月分】8月10日(木曜日)、【10月分】9月11日(月曜日)
【11月分】10月10日(火曜日)、【12月分】11月10日(金曜日)、【1月分】12月11日(月曜日)
【2月分】1月10日(水曜日)

申込み後の流れ

  1. 支給認定(保育の必要性の有無を認定します。お子さんの年齢に応じて認定区分(2号又は3号)が異なります。)
  2. 選考会(保育の実施基準指数をもとに選考を行ない、入所するお子さんを内定します)。
  3. 内定の連絡(4月の入所内定者には書面にて通知します。5月以降の入所内定者には電話でお知らせします)。
  4. 面接・健康診断(入所内定園で面接・健康診断を行ないます) 。
  5. 入所決定(面接と健康診断などで入所に支障がない場合、入所決定となり、保育利用決定通知書をお送りします) 。
  6. 入所(毎月1日からの入所となり、月途中の入所はできません。)
  7. 利用者負担額決定通知書の送付(利用者負担額(保育費)の納付は口座振替をお願いしています。口座振替依頼書をお送りしますので、お申し込みください) 。

申込みに必要な書類

 申込みに必要な書類は、以下の1から7までです。(7は該当するかたのみ)

  1. 施設型給付費・地域型保育給付費等支給認定申請書兼保育所等入所申込書(両面)
  2. 保育所等入所申込調査書
  3. お申込みチェックシート(両面)
  4. 申込み児童に関する調査書
  5. 保育の必要性を証明する書類
  6. 税に関する書類
  7. 保育受託証明書

 なお、ご家庭の状況やお子さんの様子によっては、上記以外の書類の提出をお願いすることがあります。
 また、税関系の書類以外は、原則として最初の入所希望月初日から3か月以内(4月入所希望については、申込日から1か月以内)に作成したものが有効です。

保育の必要性を証明する書類

 保護者(父、母)および64歳以下で同一敷地内に居住している親族については、それぞれの理由に応じた書類を提出してください(65歳以上のかたであれば、書類の提出は不要です)。

 

保育の必要性を証明する書類

保育ができない理由 提出書類
お勤めのかた 勤務(勤務予定)証明書(勤務先記入)
自営業のかた
  1. 就労状況申告書(保護者記入)
  2. 営業許可証・登記事項証明書・開業届の写し等
内職のかた
  1. 就労状況申告書(保護者記入)
  2. 依頼主と締結した契約書等の写し
求職中のかた 書類の提出は不要です。
出産予定のかた

母子健康手帳の写し(出産予定日が分かるもの)

(注釈)就労事由で申込み後に妊娠が判明した場合、母子健康手帳の写し((1)交付日記載の表紙(2)妊娠中の経過のページ(3)出産予定日記載のページ)・保育所入所申込み調査書(復職誓約欄に署名済のもの)をご提出ください。

心身に障害があるかた 各種障害者手帳の写し
病気のかた 診断書(医師記入)
介護をしているかた
  1. 介護状況届出書(介護者記入)
  2. 【要介護認定者の介護】
    診断書・介護認定証の写し・ケアプランの写しのいずれかひとつ
    【要介護認定者以外の介護】
    診断書(各種障害者手帳等があればその写しも添付)
就学しているかた 在学証明書(在学先記入、時間割分は保護者記入)
災害にあったかた 罹災証明書

税に関する書類

 保護者(父、母)それぞれの分が必要となります。ただし、ひとり親のかたで親族(祖父母)と同居されているかたについては、親族分も必要となることがあります。いずれもコピー可です。

所得税に関する書類
収入の状況など 提出書類
給与所得のみのかた
  • 年間収入申告書
  • 平成28年分源泉徴収票
確定申告をしているかた
  • 年間収入申告書
  • 平成28年分確定申告書
収入があるが、上記のいずれの書類も提出できないかた
  • 年間収入申告書
  • 年間収入申告書に記載する内容(収入額、控除額など)を証明する書類(給与の支払証明書など)
収入がないかた
  • 年間収入申告書
海外在住だった方又は保護者のいずれかが海外在住の方
  • 年間収入申告書、平成28年分収入を証明できる書類(円建てのもの)
0歳から15歳、16歳から18歳の児童(平成28年12月31日時点)がいるかた
  • 扶養対象児童申告書

  なお、平成28年1月1日現在、国分寺市民でなかったかたについては、以下の住民税に関する書類の提出も必要となります。

住民税に関する書類
収入の状況など 提出書類
納付書で納めているかた
  • 平成28年度市(区町村)・都(県)民税課税証明書
    又は
  • 平成28年度市(区町村)・都(県)民税納税通知書
給与天引きのかた
  • 平成28年度市(区町村)・都(県)民税課税証明書
    又は
  • 平成28年度市(区町村)・都(県)民税特別徴収額通知書
納付書と給与天引きの併用のかた
  • 平成28年度市(区町村)・都(県)民税課税証明書
    又は
  • 平成28年度市(区町村)・都(県)民税納税通知書
    又は
  • 平成28年度市(区町村)・都(県)民税特別徴収額通知書
非課税のかた
  • 平成28年度市(区町村)・都(県)民税非課税証明書

保育受託証明書

 認証保育所、保育室、家庭福祉員、都道府県知事に届出している認可外保育所のいずれかに有償で通所しているのを常態としている場合に提出してください(認可保育所の一時保育などを含む)。
 なお、申込締切日時点で育休中のかたは加点の対象にはなりません。

申込み時の注意

申込み保育園は希望の順番に記入してください

  1. 希望の保育所等はいくつでも申し込むことができます。第6希望以上がある場合、入所申込書の枠外にご記入ください。第1希望の保育所等のみ記入しても、複数記入しても、入所選考において有利、不利にはなりません。毎日お子さんと一緒に通うこととなりますので、通える範囲内で慎重に選んでください。
  2. 内定後に辞退されると、次回からの選考で不利になります。

申込み後の変更や取下げ

 申込み後の希望保育所等の変更や、申込み後の取下げは、速やかに子ども子育てサービス課に決められた書類を提出してください。

きょうだいの入所申込み

 入所申込書の中段に確認欄がありますので必ずご記入ください。

育児休業取得中の申込み

 育児休業を取得している場合、入所開始月に復職することが申込みの要件となります。そのため、育児休業を繰上げて復職する場合、「保育所等入所申込調査書」の太線枠内にある育児休業復帰時期に関する誓約が必要です。入所開始月内に復職できなければ入所承諾または入所内定が取消しとなりますので、事前に就労先と調整しておいてください。

障害児枠での申込み

 障害児の受け入れは全保育所で行っていますが、障害や特性の程度、保育士の配置等によっては、受け入れができない場合があります。申込み前に、かかりつけ医療機関で保育所での集団保育が可能か確認していただくとともに、必ずお子さんと一緒に希望保育所等を見学に行き、ご相談ください。事前に見学していない場合や保育所等が入所を了承していない場合は、選考の結果内定となっても入所をお断りすることがあります。また、障害児枠での入所をご希望される場合には、公立保育所と私立保育所等で取扱いが異なります。

 【公立保育所】
  申込み書類一式に加えて、国分寺市指定の「障害児保育用診断書」、「障害児保育調査票」を提出ください。申込み受付後、事前保育会((注釈)(1))及び障害児入所協議会((注釈)(2))を開催します。事前保育会、障害児入所協議会の開催準備等に期間が必要となるため、5月以降の障害児枠の入所申込締切日は通常申込締切日の3週間前とさせていただいています(4月の障害児枠の入所申込締切日は11月30日(水曜日)です。)。詳しくは子ども子育てサービス課までご相談ください。
  (注釈)(1)事前保育会
      保育所にお越しいただき、お子さんが保育所での集団保育が可能か判断します。
  (注釈)(2)障害児入所協議会
      障害児保育の対象となるか、対象となる場合どのような保育が適切かを協議します。

 【私立保育所・家庭的保育室】
  申込み前に各私立保育所又は家庭的保育室に問合わせし、受入の可否を確認のうえ申込みください。

転出先の保育所等を希望する場合

 転出先の保育所等に入所を希望する場合には、国分寺市を通じて転出前に入所申込みをすることができます。詳しくは転出先の担当部署と国分寺市子ども子育てサービス課にご相談ください。

入所できなかったら

  1. 内定しなかった場合は、初回のみ文書で通知し、その後は入所内定の場合のみご連絡をします。
  2. 支給認定証も同時に発送する予定です。(4月入所は3月中旬以降発送予定です。)保育が認定されたことと、入所・転所できることとは異なりますのであらかじめご了承ください。
  3. 申込みは年度内は有効です。年度内にご希望の保育所に欠員が出た場合、入所選考の対象となります。年度内に保育所に入所できず、引き続き入所をご希望される場合には、次年度分を改めてお申し込みしていただく必要があります。
  4. 申込後に保育所入所を希望しなくなった場合や、家族状況などが変わった場合は、必ずご連絡ください。

内定を辞退する場合

内定を辞退する場合には、速やかに子ども子育てサービス課にご連絡のうえ、「保育所等入所辞退届」を提出してください。

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子ども子育てサービス課 入園相談担当
電話番号:042-325-0111(内線:383) ファクス番号:042-359-3354
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。