現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 子育て・若者支援 > ひとり親家庭支援 > 生活支援(ひとり親家庭)


生活支援(ひとり親家庭)

ページ番号 1001502
更新日  令和2年5月7日

緊急事態宣言期間中のご相談は、原則、電話で受付けていますが、ご相談者の状況や内容により、対面でのご相談もお受けしています。

ご相談を希望される場合は、まずは、母子・父子自立支援員にお電話でご相談ください。

母子父子・女性相談

 母子・父子自立支援員が、生活上の問題についての相談、情報提供を行ない、問題解決のお手伝いをします。相談は電話や面接によりお受けします。なお、緊急時を除いて面接相談は事前に予約をお願いします。相談内容や個人の情報は守ります。安心してご相談ください。

母子・父子自立支援プログラム策定事業

 母子家庭の母または父子家庭の父を対象に、個々の状況や目標に応じた自立支援プログラムを作成し、支援していきます。仕事や就職活動などでお困りになっていることがありましたら、母子・父子自立支援員にご相談ください。

母子生活支援施設

 18歳未満の子どもを養育している母子家庭の母が、生活上のいろいろな問題のため、子どもの養育を十分できない場合に、母と子どもが一緒に生活できる児童福祉施設です。居室を提供するほか、母子指導員による自立支援、就労支援などを行ないます。

母子及び父子福祉資金・女性福祉資金の貸し付け

 ひとり親世帯のかたを対象に、修学資金や就学支度資金などの貸し付け相談を受け付けしています。

ひとり親家庭のかたを対象とした給付金事業

 ひとり親家庭のかたを対象に「母子家庭等自立支援教育訓練給付金事業」「母子家庭等高等職業訓練促進給付金事業」「ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業」を実施しています。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 生活福祉課 相談支援係
電話番号:042-325-0111(内線:586・533) ファクス番号:042-325-9026
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。