通知カードの再交付

ページ番号 1015222
更新日  平成29年2月28日

通知カードを紛失した場合などは,通知カードの再交付の申請をすることができます。
(注釈)通知カードを紛失した場合は,通知カードの再交付の申請とあわせて,市民課に紛失届を出してください。紛失届の際には警察での遺失届の受理番号が必要です。

申請できるかた

以下のいずれかに該当するかたは申請できます。その他の理由で再交付を希望する場合は,市民課にお問い合わせください。

  • 通知カードを紛失し,焼失し,または著しく損傷した場合
  • 通知カードまたは個人番号カードの追記欄の余白がなくなった場合

必要なもの

本人が申請する場合

  • 警察での遺失届の受理番号や,り災証明書など,その事実を証する書類等(再交付の理由が紛失もしくは焼失の場合)
  • 本人確認書類(以下のAから1点,またはBとCから2点,ただしC2点は不可)
本人確認書類の例
A 運転免許証,個人番号カード,顔写真付き住民基本台帳カード,パスポート,身体障害者手帳,精神障害者保健福祉手帳,療育手帳,在留カードまたは特別永住者証明書(ともに顔写真付き),運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のものに限る)
B 各種健康保険証,医療受給者証,年金手帳または年金証書,児童扶養手当証書,生活保護受給者証
C

キャッシュカード,預金通帳,社員証,学生証(診察券,ポイントカード,各種会員証は不可)

(注釈)本人確認書類は有効期間内の原本をお持ちください。

本人が15歳未満または成年被後見人の場合

本人が15歳未満または成年被後見人の場合は,親権者または成年後見人のかたが申請してください。

  • 警察での遺失届の受理番号や,り災証明書など,その事実を証する書類等(再交付の理由が紛失もしくは焼失の場合)
  • 本人の本人確認書類(上記表のAから1点,またはBとCから2点,ただしC2点は不可)
  • 親権者または成年後見人の本人確認書類(上記表のAから1点,またはBとCから2点,ただしC2点は不可)
  • 戸籍謄本または登記事項証明書等の代理権確認書類
    (注釈)ただし,本人が15歳未満で以下のいずれかの場合は,戸籍謄本は不要です。
    1.本籍地が国分寺市の場合で,本籍と筆頭者を正しく記載できた場合
    2.国分寺市の住民票上の続柄で「世帯主」が「子」の通知カードの再交付を申請する場合

代理人が申請する場合

  • 警察での遺失届の受理番号や,り災証明書など,その事実を証する書類等(再交付の理由が紛失もしくは焼失の場合)
  • 本人の本人確認書類(上記表のAから1点,またはBとCから2点,ただしC2点は不可)
  • 代理人の本人確認書類(上記表のAから1点,またはBとCから2点,ただしC2点は不可)
  • 委任状
    (注釈)再交付の理由が紛失もしくは焼失の場合は,通知カード紛失届についての委任状と,通知カード再交付申請の委任状の2通が必要です。

手数料

1件500円
(通知カードまたは個人番号カードの追記欄の余白がなくなった場合等は無料)
 

取扱場所・時間

市役所第1庁舎1階市民課窓口

月曜日から金曜日まで(土曜日,日曜日,祝日,年末年始を除く)
午前8時30分から午後5時まで
 

注意事項

  • 通知カードは,再交付の申請後,3週間から4週間後に住民票の住所に転送不要の簡易書留で送付します。お急ぎで個人番号(マイナンバー)を確認したい場合は,市民課で個人番号(マイナンバー)入りの住民票の写しを申請してください。
  • 本人確認書類は有効期間内の原本をお持ちください。代理人申請の場合も,本人から本人確認書類の原本を預かっていただく必要があります。

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 市民課 窓口係
電話番号:042-325-0111(内線:310) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。