現在位置:  ホーム > くらしの情報 > スポーツ > オリンピック・パラリンピック > ホストタウン交流事業 > 今後のホストタウンとしての取組


今後のホストタウンとしての取組

ページ番号 1024025
更新日  令和2年8月12日

今後のホストタウンとしての取組

平成30年8月31日に国分寺市はベトナムのホストタウンになりました。

ホストタウンとして事前キャンプの誘致や文化・スポーツなどの交流、東京2020大会期間中のベトナム選手の応援、選手との交流を進めていきます。

(1)「ベトナムのパラ水泳選手団の直前合宿」

 2021年への東京2020大会の延期を受けて、改めてベトナムのパラ水泳選手団の直前合宿の受け入れ及び市民との交流プログラムの実施について協議を進めていきます。

(2)「共生社会ホストタウンとしての取組」

 令和元年10月に認定を受けた共生社会ホストタウンとしてオリンピック・パラリンピックの聖火に関するイベント(聖火リレー・聖火ビジット)には市民関係団体や多くの市民に関わっていただき、大会を契機としたユニバーサルデザインのまちづくりと心のバリアフリーを推進していきます。

ホストタウン紹介パンフレット1

ホストタウン紹介パンフレット2

vietnam

ホストタウン専用サイトが開設されました

QRコード
ホストタウン専用サイト(内閣官房東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部事務局)

日本全国のホストタウンの取組を紹介する専用サイトが開設されましたのでご覧ください。

以下のリンクからもアクセスできます。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 スポーツ振興課 スポーツ振興担当
電話番号:042-325-0111(内278) ファクス番号:042-323-9062
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。