現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 高齢者支援 > 事業者向け情報 > ADL維持等加算について


ADL維持等加算について

ページ番号 1019704
更新日  令和1年5月1日

 平成30年度介護報酬改定により、地域密着型通所介護において、新たにADL維持等加算が創設されました。算定を希望する地域密着型通所介護事業所は、以下をご確認のうえ、所定の期日までに届出を行ってください。

 なお、算定に当たっては、「ADL維持等加算の申出」及び「ADL維持等加算に係る届出」がそれぞれ必要となります。

1.ADL維持等加算の申出

 以下の書類を、加算を算定しようとする年度の初日の属する年の前年の7月15日までに提出してください。

 (例)令和2年度の算定を希望する場合 → 提出期限:令和元年7月12日(金曜日)

2.ADL維持等加算に係る届出

 以下の書類を、加算を算定しようとする年度の初日の属する年の3月15日までに提出してください。

 (例)令和2年度の算定を希望する場合 → 提出期限:令和2年3月13日(金曜日)

3.届出先

(1)受付窓口

 国分寺市 福祉部 高齢福祉課 計画係宛

 〒185-0024 国分寺市泉町2-3-8いずみプラザ1階

 開庁日時 月曜日~金曜日(年末年始・祝日を除く) 午前8時30分~午後5時00分

 

(2)届出書類の提出方法

 郵送または持参にて届け出てください。また、申請者保管用として、副本を作成し、保管してください。

 

4.参考資料

5.留意事項

・加算申出の属する月から同年12月までの期間が評価対象期間となります。例えば、令和2年度からの算定を希望する場合、評価対象利用開始月から起算して6ヶ月を確保するためには、令和元年7月までに申出を行う必要がありますので、ご注意ください。

・平成30年度以降にADL維持等加算の届出を行っている場合は、「ADL維持等加算の申出」は不要です。

・ADL維持等加算の届出を行った翌年度以降に、算定を希望しなくなった場合は、取り下げの届出が必要です。「変更届(様式第18号)」及び「介護給付費算定に係る体制等状況一覧表」(「ADL維持等加算(申出)の有無」を「なし」にしてください。)を提出してください。

・届出内容によっては、後日、追加で資料を求める場合があります。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉課 計画係
電話番号:042-321-1301 ファクス番号:042-320-1180
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。