現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 保険・年金・税金 > 後期高齢者医療制度 > 医療費が高額になったときは


医療費が高額になったときは

ページ番号 1001050
更新日  平成31年2月13日

 月の1日から末日までの1か月ごとの自己負担額が下表の限度額を超えた場合は、所定の金額(限度額)を自己負担していただき、それを超えた額は東京都後期高齢者医療広域連合が負担します。複数の病院・診療所・調剤薬局などで受診されている場合や同じ世帯に被保険者が複数いる場合は、自己負担額を合算し、限度額を超えた分が高額療養費として払い戻されます。
 払い戻しがある場合は、事前に申請しなくても、診療月のおおよそ4か月後に広域連合から申請書をお送りします。お手元に届きましたら、市役所担当課窓口にご提出ください。なお、一度申請すると振込口座が登録されますので、次回以降は申請しなくても口座に振り込まれます。

1か月の自己負担限度額

 所得区分に応じた1か月の自己負担限度額は以下のとおりとなります。なお、所得区分については、下記のページをご覧ください。

 

  平成30年7月まで

所得区分

外来(個人ごと)の限度額

外来+入院(世帯ごと)の限度額

現役並みの所得者

57,600円

80,100円+(10割分の医療費-267,000円)×1% *1

一般の所得者

14,000円

[年間上限 144,000円]

57,600円

<多数回44,400円 *1>

住民税

非課税等

*2

低所得者2

8,000円

24,600円

低所得者1

15,000円

平成30年8月から

所得区分

 外来(個人ごと)の限度額

外来+入院(世帯ごと)の限度額

現役並み所得3

(課税所得690万円以上)

252,600円+(10割分の医療費-842,000円)×1% 

<多数回140,100円 *1>

現役並み所得2

(課税所得380万円以上)

*3

167,400円+(10割分の医療費-558,000円)×1% 

<多数回93,000円 *1>

現役並み所得1

(課税所得145万円以上)

*3

80,100円+(10割分の医療費-267,000円)×1% 

<多数回44,400円 *1>

一般の所得者

18,000円

[年間上限 144,000円]

 57,600円

<多数回44,400円 *1>

住民税

非課税等

*2

低所得者2

8,000円

24,600円

低所得者1

15,000円

 

注1 月の途中で75歳になり後期高齢者医療制度に加入したかた(1日生まれのかたは除く)は、その誕生月に限り「誕生日前の医療保険」と「後期高齢者医療制度」の両方の自己負担限度額がそれぞれ半額になります。
注2 入院時の食費や保険の対象とならない差額ベッド料などは対象外です。 
*1 過去12か月間に4回以上高額療養費に該当した場合の4回目以降の限度額です。
*2 住民税非課税世帯のかたが、入院するときや高額な外来診療をうけるときには、「限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要となりますので、担当課の窓口で申請してください。
*3 現役並み所得1及び2世帯のかたが、入院するときや高額な外来診療をうけるときには、「限度額適用認定証」が必要となりますので、担当課の窓口で申請してください。

高額療養費の計算方法

(1) 個人ごとに外来の1か月分すべての自己負担額を合算し、外来(個人ごと)の限度額を差し引き、外来分の高額療養費を計算します。
(2) 同じ月に入院と外来の両方を受診している場合や同じ世帯に被保険者が複数いる場合は、外来の自己負担額((1)に該当するかたは限度額と同額)と入院の自己負担限度額を世帯で合算し、外来+入院(世帯ごと)の限度額を差し引き、高額療養費を計算します。世帯に複数の被保険者がいる場合は、自己負担額に応じて按分します。
(3) (1)+(2)が払い戻す金額になります。

高額の治療を長期間続けるとき

 高額な治療を長期間継続して受ける必要がある厚生労働大臣が指定する特定疾病の場合、毎月の自己負担額は10,000円までとなります。
 「特定疾病療養受療証」が必要となりますので、市役所担当課窓口に申請してください。

厚生労働大臣が指定する特定疾病

  • 先天性血液凝固因子障害の一部
  • 人工透析が必要な慢性腎不全
  • 血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

高額医療・高額介護合算制度とは

 医療費が高額になった世帯で、介護保険の受給者もいる場合は、後期高齢者医療制度と介護保険の両方の自己負担額を合算して、限度額を超えた分が支給されます。
 詳しくは以下のページをご覧ください。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

健康部 保険年金課 高齢者医療係
電話番号:042-325-0111(内線:319) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。