現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 地震関連情報 > 地震関連情報 > 東日本大震災で被災した土地・家屋に代わる土地・家屋を取得されたかたへ(固定資産税・都市計画税の特例について)


東日本大震災で被災した土地・家屋に代わる土地・家屋を取得されたかたへ(固定資産税・都市計画税の特例について)

ページ番号 1000935
更新日  令和1年5月1日

東日本大震災で被災した土地・家屋に代わる土地・家屋を取得した場合の固定資産税・都市計画税の特例について

特例について

 東日本大震災で被害を受けた土地や滅失・損壊した家屋に代わる土地・家屋を平成23年3月11日から令和3年3月31日までの間に取得されたかたで、一定の要件を満たす場合には、固定資産税・都市計画税の軽減措置などの特例が認められることがあります。

対象者について

 東日本大震災で被害を受けた土地・家屋に代わる土地・家屋を国分寺市内で取得されたかた。

手続き方法について

 特例が認められる条件や、手続き方法につきましては、下記連絡先までお問い合わせください。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

総務部 課税課 固定資産税係
電話番号:042-325-0111(内線:326) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。