現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 都市整備・交通 > 都市計画・建築 > 許容応力度等計算(ルート2)による確認申請等の取扱いについて


許容応力度等計算(ルート2)による確認申請等の取扱いについて

ページ番号 1009455
更新日  平成29年7月12日

許容応力度等計算(ルート2)による確認申請等の取扱いについて

 平成27年6月1日施行の建築基準法及び関係政令等の改正に伴い,許容応力度等計算により安全性が確かめられた建築物(ルート2建築物)の確認申請又は計画通知について,構造計算に関する高度の専門的知識及び技術を有する建築主事(ルート2主事)が審査を行う場合,構造計算適合性判定(構造適判)が不要となりました。
 現在,国分寺市は,ルート2主事が建築確認事務に従事していないため,別途構造計算適合性判定機関による構造適判が必要となります。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 建築指導課 審査担当
電話番号:042-325-0111(内線:483・484・485) ファクス番号:042-324-0160
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。