現在位置:  ホーム > まちの魅力 > 開催後記 > 第48回国分寺市平和祈念行事(令和元年9月7日)


第48回国分寺市平和祈念行事(令和元年9月7日)

ページ番号 1000423
更新日  令和1年9月24日

見て聞いて知った この平和 語り継ごう 広げよう

 令和元年9月7日(土曜日)、国分寺市立いずみホールにて平和祈念行事を開催しました。

 今年度は、サブタイトルを「見て聞いて知った この平和 語り継ごう 広げよう」とし、第一部ではピースメッセンジャーとして広島を訪れた小・中学生の報告と自作の詩の朗読が行われました。第二部では朗読劇 東京大空襲・死と生の記憶「赤い涙」より「初恋」、第三部では市内中学校合同バンドが吹奏楽演奏を行い、来場された皆様に平和への思いを伝えました。

 Bホールでは、小学生の平和へのメッセージで作られたメッセージツリー(14本)や朗読劇「赤い涙」の原作、ピースメッセンジャーの広島報告・自作詩・絵、市美術協会がピースメッセンジャーの詩をイメージして描いた絵の展示を行いました。また、ロビーでは、国分寺非核平和都市をすすめる会により原爆パネル等が展示されました。

ピースメッセンジャー

広島報告

ピースメッセンジャーの広島報告の写真

 8月5日から7日に被爆地広島を訪れ、広島市平和記念式典への参加や、平和記念資料館などを見学した子どもたち。
 国分寺市を代表する「ピースメッセンジャー」として、見て、聞いて、感じたことや、それぞれの思いを、現地で撮影した写真とともに伝えました。

ピースメッセンジャーによる自作の詩の朗読

ピースメッセンジャーによる朗読の写真とヴァイオリン演奏

 ピースメッセンジャーが自作の詩を、その詩をイメージした絵とヴァイオリンの演奏にあわせて朗読しました。

絵 : 美術協会
ヴァイオリン : 梓澤 たまき

朗読劇

朗読劇

朗読劇

東京大空襲・死と生の記憶

「赤い涙」より「初恋」

 

【作】村岡信明

【出演者】森田咲子さん

      (朗読) 

      梓澤たまきさん

      (ヴァイオリン)

吹奏楽演奏

市内中学校合同バンド

中学校合同バンド

 第一中学校から第五中学校までの生徒が合同で演奏しました。

「式典のための行進曲『栄光をたたえて』」    

作曲 : 内藤 淳一

「世界はあなたに笑いかけている」    

作曲 : 丸谷 マナブ 

 

 

Bホール展示

Bホール展示メッセージリーフ

Bホール展示広島報告

Bホール展示朗読劇原作コーナー

Bホール展示美術協会の絵

Bホール展示ピースメッセンジャーの絵

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 人権平和課 人権平和担当
電話番号:042-573-4378 ファクス番号:042-573-4388
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。