投票の資格等・住所の移転と投票

ページ番号 1017121
更新日  平成29年9月29日

投票の資格等

 次の要件を満たして選挙人名簿に登録されている方は、国分寺市で投票できます。
【年齢要件】平成11年10月23日までに生まれた方
【住所要件】平成29年7月9日までに国分寺市へ転入届出をし、引き続き10月9日まで国分寺市の住民基本台帳に登録されている方

 

住所の移転と投票

 他市区町村から転入された方で住所の要件を満たさない場合、旧住所地で選挙人名簿に登録されている方は旧住所地で投票できます。また、国分寺市から転出して新住所地で登録されていない方は、国分寺市で投票できます。(下表参照)
 また、投票日当日、旧住所地の投票所へ行けない見込みの方は、公示日の翌日から投票日の前日まで、旧住所地での期日前投票や不在者投票もできます。

 

国分寺市で投票できる方・できない方

1.以前から国分寺市に住所を有し市内で転居した方

平成29年9月29日以前に転居届出 転居後の投票所で投票してください
平成29年9月30日以降に転居届出 転居前の投票所で投票してください

2.国分寺市に転入した方

平成29年7月9日以前に転入届出 国分寺市で投票してください
平成29年7月10日以降に転入届出

国分寺市では投票できません

(注釈)旧住所地で選挙人名簿に登録されていれば、旧住所地で投票できます

3.国分寺市から転出した方

平成29年6月21日以前に転出

国分寺市では投票できません

(注釈)新住所地で選挙人名簿に登録されれば、新住所地で投票できます

平成29年6月22日以降に転出

国分寺市で投票してください

(注釈)新住所地においても選挙人名簿に登録される場合があり、その際は新住所地での投票になります。

 

18歳未満の方の期日前投票

 平成11年10月23日以前に出生した方で、期日前投票の時点では18歳未満の方は、市役所での不在者投票をご利用ください。

在外投票

 衆議院議員選挙では、国外の居住者が選挙期間に一時帰国している場合や帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間に、在外選挙人証を提示して国内の投票方法(選挙当日の投票、期日前投票、不在者投票)を利用して投票することができます。国分寺市で発行した在外選挙人証をお持ちの方が、当市で投票する場合の場所・時間は、選挙管理委員会にお問い合わせください。

投票区と投票所

ご来場はできるだけ公共機関をご利用ください。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

選挙管理委員会事務局 選挙係
電話番号:042-325-0111(内線:367) ファクス番号:042-325-4100
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。