このページのトップ




ここから本文です

法人市民税

更新日 平成26年9月30日

法人市民税のあらまし

 市内に事務所や事業所などがある法人に課税される税金で、ふつう「法人住民税」といわれています。これには、都民税と市民税の二つがあり、それぞれ「法人税割」と「均等割」からなっています。
 国分寺市内に事務所、支店などがある法人は、都税事務所・支庁に都民税を申告して納めるほかに、国分寺市役所に市民税を申告して納めてください。

法人税割

法人等の区分 平成26年9月30日以前に開始する事業年度の税率 平成26年10月1日以後に開始する事業年度の税率
資本金等の額が1億円未満の法人 12.3% 9.7%
資本金等の額が1億円以上の法人及び保険業法に規定する相互会社 14.7% 12.1%

均等割

資本金等の額
による区分
当市の従業員数
による区分
税率(年税額)
1千万円以下
の法人
50人以下 50,000円
50人超 120,000円
1千万円超え
1億円以下の法人
50人以下 130,000円
50人超 150,000円
1億円超え
10億円以下の法人
50人以下 160,000円
50人超 400,000円
10億円超え
50億円以下の法人
50人以下 410,000円
50人超 1,750,000円
50億円を超える
法人
50人以下 410,000円
50人超 3,000,000円
上記以外の法人など 50,000円

 

資本金等の額/法人税割額の課税標準

 資本金等の額とは、法人税法第2条第16号に規定する資本金等の額又は同条第17号の2に規定する連結個別資本金等の額(保険業法に規定する相互会社にあっては、政令で定めるところにより算定した純資産額)をいいます。
 

 法人税割額の課税標準である法人税額とは、つぎに掲げる控除をする前のことをいうものであり、したがって、現実に法人税額を納付すべき義務がない法人であっても 、法人税割額の申告納付義務がある場合のあることに留意してください。
 (1)法人税額からの利子および配当等に係る所得税額の控除
 (2)法人税額からの外国税額の控除
 (3)仮装経理に基づく過大申告の場合の更正に伴う法人税額の控除
 (4)特定信託に係る所得税額の控除
 (5)特定信託に係る外国税控除
 (6)解散の場合の清算所得に対する法人税額からの所得税額の控除
 (7)試験研究費の額が増加した場合の法人税額の特別控除(中小企業者等の試験研究費の額がある場合の法人税の特別控除に係るものを除く)

納める額

法人税割額

法人税額(税額控除等前の税額)に税率を掛けます

均等割額 上記均等割税率表の該当する税額をご覧ください

 

納める時期

 原則として事業年度終了後2ヶ月以内に申告して納めてください。

各種申告等の意味

中間申告

事業年度の期間が6ヶ月を越える法人は、予定申告又は、仮決算による中間申告を当該事業年度の開始の日から6ヶ月を経過した日から2ヶ月以内に、申告納付します。法人税の中間申告義務がない場合および寮などのみを所有する場合は、申告の必要はありません。


確定申告

事業年度終了に伴い、確定した決算に基づいたその事業年度中の法人税額を課税標準として算定した法人税割額および均等割額を各事業年度終了の日の翌日から2ヶ月以内に申告納付します。
 

修正申告

法人住民税の法人税割は、法人税額を課税標準としているので、法人税額が修正申告や更正・決定により、当初の額から増額した場合に、納付すべき法人税額を納付すべき日までに 、法人税額を課税標準として算定した法人税割額などを記載した法人住民税の修正申告書を提出しなければなりません。
 

更正の請求

自己の申告納付または申告納入に係る税額が過大であることを知った場合に、納税義務者から市町村長の減額更正の発動を求める行為であり、その申告書に係る法人住民税の法定申告期限から通常1年以内(注釈)に限り 、課税標準などまたは、税額などについて、更正の請求をすることができます。

注釈 平成23年12月2日以後に法定納期限が到来する税については5年

法人住民税の減免対象

 1.公益社団法人および公益財団法人

 2.特定非営利活動促進法第2条第2項に規定する法人(収益事業を行うものを除く)

法人設立・設置、異動届とは

 1.市内に事業所を設立し、または支店等を設置した場合には、法人設立・設置届出書と、登記簿謄本、定款(写可)を添付して提出してください。
 2.解散、閉鎖、所在地変更等(1)以外は、異動届出書と登記簿謄本(写可)を添付して提出してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部課税課住民税係

電話番号:042-325-0111(内線:327・328・329) ファクス番号:042-325-1380
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。(新しいウィンドウで開きます。)

このページのトップへ戻る