【厚生労働省】新型コロナウイルス感染症対策休業支援金・給付金

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1023741  更新日  令和4年10月31日

制度概要

新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止の措置の影響により休業させられた労働者のうち、休業手当の支払いを受けることができなかった方に対し、当該労働者の申請により、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金が支給されます。

支給対象

対象となる休業期間

令和4年4月1日から令和4年11月30日まで

対象者

(1)中小企業にお勤めの場合

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業主が休業させ、その休業に対する賃金(休業手当)を受け取っていない方

(2)大企業にお勤めの場合

 大企業に雇用されるシフト制労働者等(注釈)であって、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業主が休業させ、その休業に対する賃金(休業手当)を受け取っていない方
 (注釈) 労働契約上、労働日が明確でない方(シフト制、日々雇用、登録型派遣)

支給金額の算定方法、申請期限などの詳細は、厚生労働省ホームページまたは厚生労働省新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター(0120-221-276 月~金8:30~20:00 土日祝8:30~17:15)へお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 経済課 消費生活・就労支援担当
電話番号:042-325-0111(内線:396) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。