自宅療養のかたへの支援(生活必需品支援・相談先など)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1025270  更新日  令和4年2月17日

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により急増している市内自宅療養者に対して、都の支援策を補うため、療養に見合った食事など(3日分程度)を含む生活必需品等の物品支援に加え、パルスオキシメータと体温計を無償で貸し出します。

なお、医療機関以外で検査し陽性となった場合、保健所へ陽性の連絡(発生届)がされないため、医療機関を受診する必要があります
受診の際は、かかりつけ医や身近な医療機関に電話でご相談いただくか、東京都発熱相談センターなど(下記リンク参照)へご相談ください。

開始日
令和3年8月20日(金曜日)
対象者
国分寺市内で自宅療養中の新型コロナウイルス感染症の陽性患者のうち、同居家族等による支援を受けることが困難なかた

申込方法

午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)に、電話で健康推進課へご連絡ください。

電話番号:042-321-1801

(注釈)

  • 土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から1月3日まで)で急を要する場合は、午前9時から午後5時までに042-325-0111(市役所当直室)におかけください。折り返し、担当からご連絡します。

  • 聴覚に障害があるかたは、ファクス(042-320-1181)またはページ下部のお問い合わせ専用フォームに、氏名・電話番号(ファクス番号)・住所・保健所から指示された療養期間を記載のうえ、ご連絡ください。

費用
無料
支援物品の内容
  • 生活支援パック(3日分程度の食料品、飲料水、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、生理用品など)
    (注釈)単身世帯または家族が陽性で食料の手配ができないかたなどを優先しています。
  • 体温計(貸し出し)

  • パルスオキシメータ(貸し出し)

生活支援パック例

名称 

個数

ティッシュペーパー(5箱入り)

1個

トイレットペーパー

1パック

ウエットティッシュ

1個

生理用品(2個パック)

1個

スポーツドリンク(1.5リットル)

1本

野菜ジュース(720ミリリットル)

1本

豆乳(200ミリリットル)

2本

おかゆ(レトルト)

3個

ごはん(レトルト)

6個

缶詰(魚・やきとり・ソーセージ)

5個

牛丼・中華丼(主食レトルト)

3個

フルーツパック

2個

味噌汁(インスタント)

4食

栄養調整食品(ゼリー)

3個

栄養調整食品(ブロック)

1個

東京都が実施している支援

自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)

東京都では、無症状・軽症で、重症化リスクの少ないかたには、ご自身で健康観察するようお願いしています。自宅療養中に、体調変化に気づいた際や、食料品、パルスオキシメーターの配送など療養中の困りごとなどがある場合は、自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)へご相談ください。

申込対象者

  • 自宅療養中で体調に不安があるかた
  • 食料品やパルスオキシメーターの配布を希望するかた
  • 医療面・健康面以外での一般的な相談があるかたなど
電話番号
0120-670-440(24時間受け付け)
対応外国語
英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ネパール語、ポルトガル語、スペイン語、ミャンマー語、フランス語、タイ語、タガログ語

東京都自宅療養者フォローアップセンター

保健所から、自宅療養者フォローアップセンターの対象となったかたのみに、問い合わせ先・詳しい支援内容などが伝えられます。

医療機関による健康観察

一般社団法人国分寺市医師会でも自宅療養者フォローアップセンターや保健所からの診療依頼に対して、電話・オンライン・訪問による診療を医師(医療機関)等が当番制で行っています。当番表は下記のリンク先からご覧いただけます。利用方法などは、自宅療養サポートセンターまたは自宅療養者フォローアップセンターへご相談ください。


新型コロナウイルス感染症自宅療養者向けハンドブック

自宅療養者とその同居者に向けて、自宅で過ごす期間中に気を付けていただきたいことなどをまとめたハンドブックです。
下記のリンク先からご覧いただけます。

ごみ捨ての際も感染対策をお願いします

ごみ袋をしばったイラスト

ごみは、空気を抜いてからしっかり縛って出してください。
詳しくは、環境省ホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

健康部 健康推進課 地域保健係
電話番号:042-321-1801 ファクス番号:042-320-1181
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。