新型コロナワクチン接種 よくある質問

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1025305  更新日  令和3年3月1日

質問新型コロナワクチンを接種した後に注意することはありますか

回答

接種後の一般的な注意事項は次のとおりです。

  • 接種後15分程度(過去に重いアレルギー症状を起こしたことがあるかたは30分程度)は体調の変化がないか様子をみるため接種会場で待機していただくか、すぐに医師と連絡がとれるようにしてください
  • 接種部位は清潔に保ちましょう
    (注釈)入浴はさしつかえありませんが、接種部位をこするのはやめましょう
  • 接種当日の激しい運動は避けましょう
  • 接種後、接種部位の異常な反応や、2日以上熱が続く場合、症状が重い場合、ワクチンでは起こりにくい次の症状などがみられる場合は、医療機関等への受診や相談をご検討ください
ワクチン接種後に起こりにくい症状(医療機関等への受診や相談をご検討ください) 発熱以外に咳や咽頭痛、味覚・嗅覚の消失、息切れなど
ワクチン接種後に比較的起こりやすい症状 発熱、頭痛、疲労、筋肉痛、悪寒(さむけ)、関節痛など
(注釈)発熱は接種後2日以内に起こることが多く、必要な場合は解熱鎮痛剤を服用いただくなどして、様子をみていただくことになります

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。


ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

健康部 健康推進課 新型コロナウイルス感染症対策担当
電話番号:042-321-1801 ファクス番号:042-320-1181
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。