第19回国分寺市環境シンポジウム

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1027057  更新日  令和6年2月19日

イベントカテゴリ: 講座・講演会

【終了しました。ご参加ありがとうございました。】第19回国分寺市環境シンポジウムを開催します

第19回国分寺市環境シンポジウム『気候の危機をどう受け止めるか』

プログラム(予定)

プログラム

【アンケート回答フォーム】

以下の「アンケート回答フォーム」から、令和6年2月26日(月曜日)までに、ご回答をお願いします。

(注釈)回答にあたって発生する通信料等については、ご回答者様の負担となりますので、ご了承ください。

講演資料等

環境団体紹介

環境シンポジウム開催概要

日付

令和6年2月18日(日曜日) 13時30分開演(13時開場)

会場

リオンホール(cocobunji WEST 5階)

(注釈)当日、オンライン配信も併せて行います。

[cocobunjiプラザ施設情報]

申し込み締め切り日

申し込みは終了しました。

主催

国分寺市環境ひろば
国分寺市

注意事項

会場のみ手話通訳あり

登壇者紹介

江守 正多(えもり せいた)さん

登壇者写真(江守 正多さん)

東京大学教養学部卒業。同大学院総合文化研究科博士課程にて博士号(学術)を取得後、1997年より国立環境研究所に勤務。

国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室長、気候変動リスク評価研究室長、地球システム領域副領域長を経て、2022年より東京大学 未来ビジョン研究センター 教授(総合文化研究科 客員教授)/国立環境研究所 地球システム領域 上級主席研究員(社会対話・協働推進室長)。

専門は地球温暖化の将来予測とリスク論。気候変動に関する政府間パネル第5次および第6次評価報告書主執筆者。

著書:「異常気象と人類の選択」(単著・角川マガジンズ、KADOKAWA)、「地球温暖化の予測は『正しい』か?」(単著・化学同人)、「地球温暖化はどれくらい『怖い』か?」(共著・技術評論社)、「温暖化論のホンネ」(共著・技術評論社)等。

奥 真美(おく まみ)さん

登壇者写真(奥真美さん)

横浜国立大学経済学部卒業。同大学大学院国際経済法学研究科を修了後、1993~1998年まで(財)東京市政調査会研究員、1998~2006年まで長崎大学環境科学部助教授を経て、現在、東京都立大学 都市環境学部 都市政策科学科 教授。専門は環境法・行政法。環境省中央環境審議会、東京都環境影響評価審議会、調布市環境保全審議会、大田区環境審議会、江東区環境審議会、浦安市環境審議会、横浜市環境影響評価審査会、横浜市環境創造委員会、横須賀市環境審議会、小田原市環境審議会、国分寺市環境推進管理委員会など各種委員を務める。

著書:「ECの環境法制度と環境管理手法」(単著・東京市政調査会)、「環境法へのアプローチ」(共著・成文堂)、「自治体環境行政の最前線」(共著・ぎょうせい)、「環境規制の現代的展開」(共著・法律文化社)等。

内藤 達也(ないとう たつや)

内藤副市長顔写真

國學院大学文学部卒業、明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科修了。1979年国分寺市入職。こくぶんじ市民活動センター長、都市計画担当部長、 都市建設部長、 総務部長、政策部長等を経て、 2016年より現職(現在2期)。

明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科兼任講師、 (株)公共経営・社会戦略研究所客員研究員、日本地方自治学会会員・日本協働政策学会理事、日本ソーシャルイノベーション学会会員、多摩学会運営委員

著書:「地域再生と戦略的協働」(共著・ぎょうせい)、「ソーシャル・エンタープライズ」(共著・丸善)、「ケースで学ぶまちづくり」(共著・創成社)、「新・公共経営論」(共著・ミネルヴァ書房)等。

添付ファイル

関連情報

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 まちづくり計画課 計画担当
電話番号:042-314-9005 ファクス番号:042-323-9060
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。