夏の節電・省エネにご協力ください

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1028370  更新日  令和4年6月28日

電力ひっ迫が懸念されています

今夏は、電力ひっ迫が懸念され、政府からも節電が要請されています。以下の家庭の省エネポイントを参考に、節電・省エネにご協力をお願いします。

家庭の省エネポイント

<冷蔵庫>
1.冷蔵庫は季節に合わせて温度設定を調節しましょう。
2.扉のムダな開閉はやめましょう。

<照明>
1. 白熱電球はLED電球に交換しましょう。
2. 照明カバーは定期的に清掃し、明るさを維持しましょう。

<洗濯機>
1. 洗濯物はまとめて洗いましょう。
2. 衣類乾燥機は自然乾燥と併用して使いましょう。

<調理・食器洗い>
1.炊飯器や電気ポットの長時間保温はせず、使わないときはプラグを抜きましょう。
2.食器を洗う時は低温に設定しましょう。

<掃除機>
1.部屋を片付けてから掃除機をかけましょう。
2.モップや雑巾を使い、掃除機をかける時間を減らしましょう。

<テレビ>
1.画面は明るすぎないように設定しましょう。

<バスルーム>
1. お風呂は間隔をあけずに続けて入りましょう。
2. シャワーは出しっ放しにせずに、こまめに止めましょう。

<エアコン>
1. 室温は28℃を目安にしましょう。(無理のない範囲で)
2.こまめにフィルターを掃除しましょう。(月2回程度)

<温水洗浄便座>
1. 便座や温水の設定温度を低くしましょう。
2. 使わないときは電気便座のフタを閉めましょう。

*都「家庭の省エネハンドブック2022」より

「環境家計簿」にチャレンジしてみませんか

「環境家計簿」は、家庭で使われたエネルギー量(電気・ガス)を、二酸化炭素の排出量に換算して記録するものです。

エネルギー使用量や二酸化炭素排出量の推移を、数字で確認することができます。ぜひ、ご家庭の省エネに活用ください。

詳しくは以下のリンクをごらんください。

関連情報

市は「ゼロカーボンシティ」として、脱酸素社会の形成を目指しています。

詳しくは以下のリンクをごらんください。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 まちづくり計画課 計画担当
電話番号:042-314-9005 ファクス番号:042-323-9060
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。