○国分寺市人間ドック及び脳ドックの実施に関する条例施行規則

平成2年5月31日

規則第9号

(平成30年規則第22号・一部改正)

(受診資格)

第2条 条例第3条に規定する受診できる者とは,申込時から受診時まで引き続き市内に住所を有し,かつ,受診時における年齢が満30歳以上の者をいう。

(種類及び受診できる医療機関)

第3条 条例第2条に規定する人間ドック等の種類及び条例第4条に規定する医療機関は,次の表の左欄に掲げる種類に応じ当該右欄に掲げる医療機関とする。

人間ドック等の種類

医療機関

人間ドック(日帰りのものに限る。以下同じ。)

国分寺病院,国分寺内科中央病院

脳ドック

国分寺病院

2 検査項目は,別表で定めるものとする。

(平成3年規則第30号・全改,平成4年規則第37号・平成9年規則第9号・平成11年規則第9号・平成15年規則第84号・平成22年規則第78号・平成23年規則第19号・平成30年規則第22号・一部改正)

(受診申込等)

第4条 条例第5条の規定により人間ドック等を受診しようとする者は,人間ドック等受診申込書(様式第1号。以下「申込書」という。)を受診希望日の15日前までに市長に提出し,承認を受けなければならない。ただし,申込書の提出期限については,市長が必要と認めるときは,この限りでない。

2 市長は,人間ドック等の受診を承認したときは,人間ドック等受診承認書(様式第2号。以下「承認書」という。)を交付する。

(平成30年規則第22号・一部改正)

(受診変更等の申請)

第5条 前条第2項の規定により受診の承認を受けた者(以下「受診者」という。)が受診日を変更し,又は受診を取り消そうとするときは,受診日の10日前までに,人間ドック等受診変更・取消申請書(様式第3号)に承認書を添えて,市長に申請しなければならない。

2 市長は,前項の規定による申請を承認したときは,人間ドック等受診変更・取消承認書(様式第4号。以下「変更・取消承認書」という。)を交付する。

(平成9年規則第3号・平成30年規則第22号・一部改正)

(承認書等の提示)

第6条 受診者(受診日の変更を承認された者を含む。)は,受診の際に承認書又は変更・取消承認書を第3条に規定する医療機関に提示するものとする。

(受診料)

第7条 条例第6条第1項に規定する受診料は,次の各号に掲げる区分に応じ,当該各号に定める金額とする。

(1) 人間ドック 20,000円

(2) 脳ドック 15,000円

(平成3年規則第30号・平成19年規則第37号・平成23年規則第19号・平成30年規則第22号・一部改正)

(受診料の減免基準等)

第8条 条例第7条の規定により,受診料を減額し,又は免除することができる者は,人間ドックを受診した者に限る。

2 前項の規定による減額又は免除の基準及び額は,次の各号に掲げる区分に応じ,当該各号に定めるところによる。

(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定により保護を受けている者が受診する場合 全額

(2) 災害,事故等により生活が著しく困窮していると認められる者が受診する場合 全額

(3) 前2号に掲げる者のほか,市長が特に必要と認めるもの 2分の1の額

3 前2項の規定による受診料の減額又は免除を受けようとする者は,市長に申込書を提出する際に人間ドック受診料減額・免除申請書(様式第5号)を提出し,その承認を受けなければならない。

4 市長は,受診料の減額又は免除を承認したときは,人間ドック受診料減額・免除承認書(様式第6号)を交付する。

(平成9年規則第3号・平成30年規則第22号・一部改正)

(受診料の返還)

第9条 条例第8条ただし書の規定により納入された受診料を返還できる基準及び額は,次の各号に定めるとおりとする。

(1) 災害,事故その他受診者の責めによらない理由により受診できない特別の理由が生じた場合 全額

(2) 前号によるもののほか,市長が特に必要と認める場合 全額

2 前項に規定する受診料の返還を受けようとする者は,人間ドック等受診料返還申請書(様式第7号)を市長に提出し,承認を受けなければならない。

3 市長は,受診料の返還を承認したときは,人間ドック等受診料返還承認書(様式第8号)を交付するとともに,第1項に規定する額を返還する。

(平成9年規則第3号・平成30年規則第22号・一部改正)

(受診承認の取消し)

第10条 市長は,条例第10条の規定により受診承認を取り消したときは,人間ドック等受診承認取消通知書(様式第9号)により,受診者に通知する。

(平成9年規則第3号・平成30年規則第22号・一部改正)

(委任)

第11条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

附 則

この規則は,平成2年6月1日から施行する。

附 則(平成3年規則第30号)

(施行期日)

1 この規則は,平成3年9月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に旧規則の規定により申請されているものについては,この規則により申請されたものとみなす。

附 則(平成4年規則第37号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成9年規則第3号)

この規則は,平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成9年規則第9号)

この規則は,平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成11年規則第9号)

この規則は,平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成15年規則第73号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成15年規則第84号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成17年規則第4号)

この規則は,平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年規則第37号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成20年規則第101号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成22年規則第78号)

この規則は,公布の日から施行する。

附 則(平成23年規則第19号)

この規則は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第55号)

(施行期日)

1 この規則は,平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際,この規則による改正前の様式で,現に用紙が残存しているものに限り,必要な訂正を加えて,これを使用することができる。

附 則(平成30年規則第22号)

(施行期日)

1 この規則は,平成30年6月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(国分寺市人間ドック及び脳ドックの実施に関する条例施行規則に関する経過措置)

2 第1条の規定による改正後の国分寺市人間ドック及び脳ドックの実施に関する条例施行規則(以下「新規則」という。)の規定は,施行日以後に人間ドック等を受診する者について適用する。

3 新規則第4条に規定する受診の申込みその他必要な行為は,施行日前においても,新規則の規定の例により行うことができる。

4 この規則の施行の際,第1条の規定による改正前の様式で,現に用紙が残存しているものに限り,必要な訂正を加えて,これを使用することができる。

別表(第3条関係)

(平成23年規則第19号・全改,平成30年規則第22号・一部改正)

1 人間ドック

区分

検査項目

一般理学

問診,聴打触診,身長・体重測定,視力,聴力

一般血液

白血球,赤血球,血色素,ヘマトクリット,血小板,MCH,MCV,MCHC

呼吸器系

胸部X線,肺活量

循環器系

血圧測定,心電図,負荷心電図

消化器系

食道・胃・十二指腸X線,又は上部内視鏡検査,便潜血反応,直腸診(希望者のみ)

肝胆すい系

総たん白,A/G,TTT,ZTT,GOT,GPT,γ―GTP,LDH,AL―P,LAP,アミラーゼ,超音波

じん泌尿器系

尿一般,尿沈査,尿素窒素,クレアチニン,電解質,PSA(男性のみ),CA125(女性のみ),超音波

代謝疾患

 

糖尿病

尿糖,血糖,ヘモグロビンA1c

痛風

尿酸

高脂血症

中性脂肪,総コレステロール,HDLコレステロール

慢性伝染性疾患

CRP

結核等

胸部X線

B型肝炎

HBS抗原,HBS抗体,肝機能検査

C型肝炎

HCV

その他

眼底検査

備考

1 検査項目については,医療機関の判断により,一部変更する場合がある。

2 検査項目の中には,一つで複数の判定機能を持つものがある。

2 脳ドック

区分

検査項目

脳検査

MRI(磁気共鳴断層撮影)検査

様式第1号(第4条関係)

(平成30年規則第22号・全改)

 略

様式第2号(第4条関係)

(平成30年規則第22号・全改)

 略

様式第3号(第5条関係)

(平成30年規則第22号・全改)

 略

様式第4号(第5条関係)

(平成30年規則第22号・全改)

 略

様式第5号(第8条関係)

平成30年規則第22号・全改)

 略

様式第6号(第8条関係)

(平成30年規則第22号・全改)

 略

様式第7号(第9条関係)

(平成30年規則第22号・全改)

 略

様式第8号(第9条関係)

(平成30年規則第22号・全改)

 略

様式第9号(第10条関係)

(平成30年規則第22号・全改)

 略

国分寺市人間ドック及び脳ドックの実施に関する条例施行規則

平成2年5月31日 規則第9号

(平成30年6月1日施行)

体系情報
第7編 社会福祉/第5章 健康推進
沿革情報
平成2年5月31日 規則第9号
平成3年8月15日 規則第30号
平成4年12月28日 規則第37号
平成9年3月4日 規則第3号
平成9年3月24日 規則第9号
平成11年3月3日 規則第9号
平成15年6月30日 規則第73号
平成15年9月22日 規則第84号
平成17年3月30日 規則第4号
平成19年3月30日 規則第37号
平成20年12月4日 規則第101号
平成22年12月17日 規則第78号
平成23年3月29日 規則第19号
平成28年3月31日 規則第55号
平成30年3月30日 規則第22号